Menu Close

第4章 リソース最適化サービスのインストール

リソース最適化のインストールには、パッケージのインストール、設定の構成、およびローカルサービスの有効化が含まれます。これは手動で行うことも、Red Hat が提供する Ansible プレイブックを使用して行うこともできます。

注記

従量課金制 (PAYG) のお客様は、基本認証を使用するようにインサイトクライアントを構成する必要があります。詳細は、Red Hat Insights の基本認証の設定に関するドキュメントを参照してください。RHEL システムがサブスクリプションを使用している場合は、基本認証を使用できますが、必須ではありません。Insights クライアントは既存の RHSM データを使用できます。

4.1. Ansible を使用してリソースの最適化を有効にする

この手順では、Ansible クライアントをインストールし、システムで Ansible Playbook を実行します。

Amazon Web Services (AWS) のクラウドマーケットプレイスイメージは、クラウドプロバイダーによってホストされているリポジトリーを使用するように構成されています。現在、これらのリポジトリーには Ansible クライアントが含まれていないため、クラウドマーケットプレイスで管理されている RHEL システムで Ansible リポジトリーを有効にするには、次の手順を実行する必要があります。

4.1.1. Ansible のインストール

インストールプロセスを迅速化するために、Ansible の使用をお勧めします。

RHEL 8 の手順

  1. Ansible をインストールします。

    # yum install ansible -y

RHEL 7 の手順

  1. Subscription-manager リポジトリーを有効にして、システムを登録します

    # subscription-manager config --rhsm.manage_repos=1
    # subscription-manager register
  2. オプションで、システムをサブスクリプションプールに接続します

    # subscription-manager attach --pool xxxxxxxx
  3. 必要な Ansible リポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms
  4. Ansible をインストールします。

    # yum install ansible -y
  5. RHEL PAYG を使用していて、RHUI 更新サーバーのみを使用する場合は、subscription-manager リポジトリーを無効にします。

    # subscription-manager config --rhsm.manage_repos=0

4.1.2. リソース最適化サービスのインストール

Ansible をインストールしたら、リソース最適化サービスのインストールを完了します。

手順

  1. 次のコマンドを使用して Ansible Playbook をダウンロードします。

    $ curl -O https://raw.githubusercontent.com/RedHatInsights/ros-backend/v1.0/ansible-playbooks/ros_install_and_set_up.yml
  2. localhost という行を /etc/ansible/hosts に追加して、Ansible インベントリーに localhost を設定します。
  3. Ansible Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -c local ros_install_and_set_up.yml

システムは Insights にデータを待機中の状態ですぐに表示され、データと提案は登録の翌日に利用可能になります。

検証手順

タイムスタンプ付きのデータファイルは /var/log/pcp/pmlogger/ros の下に表示され、数分後、メトリックが収集されていることを確認できます。

$ ls -l /var/log/pcp/pmlogger/ros
$ pmlogsummary /var/log/pcp/pmlogger/ros/