Menu Close

Advisor サービスレポートの生成

Red Hat Insights 2022

ガイド

概要


多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージをご覧ください。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック

弊社のドキュメントに関するご意見やご感想をお寄せください。フィードバックを提供するには、ドキュメントのテキストを強調表示し、コメントを追加します。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータルにログインしている。
  • Red Hat カスタマーポータルでは、このドキュメントは Multi-page HTML 表示形式です。

手順

フィードバックを提供するには、以下の手順を実施します。

  1. ドキュメントの右上隅にある フィードバック ボタンをクリックして、既存のフィードバックを確認します。

    注記

    フィードバック機能は、マルチページ HTML 形式でのみ有効です。

  2. フィードバックを提供するドキュメントのセクションを強調表示します。
  3. ハイライトされたテキスト近くに表示される Add Feedback ポップアップをクリックします。

    ページの右側のフィードバックセクションにテキストボックスが表示されます。

  4. テキストボックスにフィードバックを入力し、Submit をクリックします。

    ドキュメントに関する問題が作成されます。

  5. 問題を表示するには、フィードバックビューで問題リンクをクリックします。

第1章 Insights for RHEL アドバイザーサービスレポートの概要

advisor サービスを使用すると、以下の方法で Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インフラストラクチャーのステータスを共有できます。

  • 影響を受ける RHEL システムの推奨事項を示す CSV または JSON ファイル形式でレポートをエクスポートおよびダウンロードし、その情報をストラテジー関係者と共有します。
  • advisor レポートの週次メールをサブスクライブして、RHEL 環境の正常性の概要を表示します。
  • エグゼクティブレポートをダウンロードして、インフラストラクチャーのエグゼクティブオーディエンスと資料を共有します。

これらの方法により、ユーザーやステークスホルダーがインフラストラクチャーの正常性を評価し、適切に計画したり、動作したりできるようになります。

第2章 Insights for RHEL アドバイザーサービスデータのエクスポート

advisor サービスを使用する場合は、登録した各システムに影響する推奨事項を示す JSON または CSV 形式でレポートをエクスポートできます。エクスポートしたレポートには以下の情報が含まれます。

  • ホスト名
  • ホストのインベントリー UUID
  • RHEL のバージョン
  • このホストから nsights for RHEL への最後のデータアップロードの日時
  • ホストに影響する推奨事項のタイトル
  • この推奨事項についてのソリューションへのリンク
  • この推奨事項が直面するリスクの合計 (1 から 4 まで、1 は低リスク、4 は高リスクを意味します)
  • 登録したシステムでこの推奨事項がアクティブである可能性あり (1 から 4 = 1 まで)、4 は非常にプロアクティブにできることを意味します。
  • この推奨事項の公開日
  • このホストのスキャン結果へのリンク

2.1. advisor サービスを使用したレポートのエクスポート

advisor サービスを使用してレポートをエクスポートするには、以下の手順を実行します。

  1. 必要に応じて Red Hat Enterprise Linux > Advisor > Recommendations ページに移動し、ログインします。
  2. 必要に応じてフィルターを適用して結果を絞り込みます。
  3. ツールバーの検索ボックスの右側の Download ダウンロードアイコンをクリックします。
  4. 希望に応じて Export to CSV または Export to JSON を選択します。
  5. ダイアログボックスで Open with を選択し、ファイルを開くアプリケーションを指定するか、Save File をクリックして OK をクリックします。

2.2. API を使用した advisor サービスデータのエクスポート

以下のいずれかの方法で、サービス API を使用してデータをエクスポートします。

Insights for Red Hat Enterprise Linux の全サービスの API ドキュメントは、https://cloud.redhat.com/docs/api で参照できます。

第3章 Insights for RHEL アドバイザーサービス週次レポートのメールサブスクリプション

advisor サービスの週次レポートメールは環境の正常性を迅速に表示します。メールのサブスクライブは任意ですが、Advisor サービスの設定を使用する必要があります。メールはまだ目付かないので、含まれるすべての情報は一目で利用することができます。

メールは、日曜日の夜 (米国東部標準時間、UTC-05:00。東部夏時間UTC-4:00) ごとに、個々の Red Hat カスタマーポータルユーザーアカウントに関連するメールアドレスに送信され、情報を得た状態で週を始めることができます。オプトインすると、サブスクリプションの優先度はユーザー自身にのみ適用され、組織内の全員には適用されません。

メールは、アカウントに登録されているシステムに関する以下の情報を提供します。

  • インフラストラクチャーにおける重要なルールヒット数
  • インフラストラクチャーにおける影響を受けるシステムの数
  • インフラストラクチャーに影響する推奨事項の合計数

3.1. advisor サービスの週次レポートメールのサブスクライブ

メールを受信するには、週次メールをサブスクライブする必要があります。

週次レポート電子メールをサブスクライブする手順

以下の手順に従って、advisor の週次レポートメールをサブスクライブします。

  1. 必要に応じて Red Hat Enterprise Linux > Advisor > Recommendations ページに移動し、ログインします。
  2. 名前の右側にある下矢印をクリックして、User preferences をクリックします。

    img adv user settings

  3. Email subscription 見出しのの Insights の横にある Weekly Report チェックボックスにチェックを入れます。

    img adv weekly email opt in

  4. Submit をクリックします。

Red Hat Insights noreply@redhat.com という送信元から毎週日曜日の夜に、「Weekly Insights summary report」という件名のメールが届きます。

サブスクライブ解除するには、上記の手順に従い、Weekly Report チェックボックスの選択を解除します。

第4章 Insights for RHEL アドバイザーサービスのエグゼクティブレポート

インフラストラクチャーのステータスを要約したエグゼクティブオーディエンス向けデザインのハイレベルレポートをダウンロードできます。エグゼクティブレポートとは、以下の情報を含む 1、2 ページの PDF ファイルです。

  • 重大度別に特定された推奨事項
  • カテゴリー別の最近検出された推奨事項
  • 最も高い合計リスクと危険にさらされるシステムの最大数に基づいた、インフラストラクチャーでの 上位 3 件の推奨事項

4.1. advisor サービスのエグゼクティブレポートのダウンロード

以下の手順に従って、advisor サービスからエグゼクティブレポートをダウンロードします。

手順

  1. 必要に応じて Red Hat Enterprise Linux > Advisor > Recommendations ページに移動し、ログインします。
  2. Recommendations ページの右上にある Download executive report リンクをくリックします。
  3. ファイルを開くか、保存するかを選択し、OK をクリックします。
  4. ダウンロード済みの場合は、ダウンロードしたファイルの場所で PDF ファイルを確認してください。

第5章 通知およびインテグレーションの有効化

Red Hat Hybrid Cloud Console の通知サービスを有効にして、アドバイザーサービスが問題を検出し、推奨事項を生成するたびに通知を送信できます。通知サービスを使用すると、推奨事項を知るために Red Hat Insights for RHEL のダッシュボードで通知を繰り返し確認する必要がなくなります。

たとえば、アドバイザーサービスが推奨事項を生成するたびにメールメッセージを自動送信するように通知サービスを設定できます。

通知サービスを有効にするには、以下の 3 つの主要なステップが必要です。

  • まず、組織管理者は通知管理者ロールを持つユーザーアクセスグループを作成し、そのグループにアカウントメンバーを追加します。
  • 次に、通知管理者は通知サービス内のイベントの動作グループを設定します。動作グループは、通知ごとに配信方法を指定します。たとえば、動作グループは、メール通知をすべてのユーザーに送信するか、組織の管理者のみ送信するかを指定できます。
  • 最後に、イベントからメール通知を受信するユーザーは、各イベントの個別メールを受け取るようにユーザー設定する必要があります。

メールメッセージの送信に加え、他の方法でイベントデータを送信するように通知サービスを設定できます。

  • 認証済みクライアントを使用して Red Hat Insights API にイベントデータをクエリーする
  • Webhook を使用して受信要求を受け入れるサードパーティーのアプリケーションにイベントを送信する
  • Splunk などのアプリケーションと通知を統合してアドバイザーの推奨事項をアプリケーションダッシュボードにルーティングする

関連情報

  • アドバイザーの推奨事項に関する通知の設定方法について、詳しくは Red Hat Insights Notifications を参照してください。