Drift サービスを使用してシステムプロファイル全体に承認済みのパッケージをインストールする手順

Red Hat Insights 2022

承認済みのパッケージがシステムプロファイル全体にインストールされていることを確認してレポートを生成する方法

概要

以下のワークフローでは、承認済みの RPM パッケージがシステムプロファイル全体にインストールされていることを検証し、解析用の CSV レポートを生成する方法を例示します。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージをご覧ください。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック

弊社のドキュメントに関するご意見やご感想をお寄せください。フィードバックを提供するには、ドキュメントのテキストを強調表示し、コメントを追加します。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータルにログインしている。
  • Red Hat カスタマーポータルでは、このドキュメントは Multi-page HTML 表示形式です。

手順

フィードバックを提供するには、以下の手順を実施します。

  1. ドキュメントの右上隅にある フィードバック ボタンをクリックして、既存のフィードバックを確認します。

    注記

    フィードバック機能は、マルチページ HTML 形式でのみ有効です。

  2. フィードバックを提供するドキュメントのセクションを強調表示します。
  3. ハイライトされたテキスト近くに表示される Add Feedback ポップアップをクリックします。

    ページの右側のフィードバックセクションにテキストボックスが表示されます。

  4. テキストボックスにフィードバックを入力し、Submit をクリックします。

    ドキュメントに関する問題が作成されます。

  5. 問題を表示するには、フィードバックビューで問題リンクをクリックします。

第1章 概要

IT オペレーターは、Insights for Red Hat Enterprise Linux を使用して、承認済みのセキュリティーツールと RPM パッケージが各システムにインストールされていることを確認します。

  1. Drift サービスにアクセスします。
  2. Drift サービス内に手動でシステムを追加します。
  3. インストール済みのパッケージ別にシステム設定データをフィルタリングします。
  4. 分析用の CVS ファイルに、フィルタリングしたデータをエクスポートします。

第2章 drift サービスへのアクセス

drift サービスは、Insights for Red Hat Enterprise Linux に同梱されています。Red Hat Hybrid Cloud コンソール でこのサービスにアクセスします。

手順

  1. Comparison 画面が開き、Red Hat Enterprise Linux > Drift > Comparison ページに移動します。

    img drift comparison screen

  2. Add to comparison をクリックします。Add to compare 画面が開き、比較するシステムやベースラインを追加できます。

    img drift add to comparison screen

    • System タブで、比較する任意のシステムを追加できます。この画面では、Insights for RHEL インベントリーにすでに存在するベースラインも一覧表示されます。
    • Baseline タブで、ベースラインを作成できます。この画面では、インベントリーにすでに存在するベースラインも表示されます。

      img drift baselines screen

  3. Submit をクリックして、システムまたはベースラインを追加して比較を行います。

追加したら、Insights for RHEL インベントリーのシステムとベースラインのファクトを比較することができます。

第3章 Comparison へのシステムの手動追加

Drift サービスでは、Insights for RHEL インベントリーに登録されているシステムを追加できます。

手順

  1. Comparison 画面が開き、Red Hat Enterprise Linux > Drift > Comparison ページに移動します。
  2. Add to compare をクリックします。
  3. 一覧から比較するシステムを選択します。または、検索ボックスにシステムの名前を入力し、名前で検索してから、システムを選択します。
  4. Submit をクリックします。
注記
  • Comparison 画面上部付近にある Add to comparison ボタンをクリックして、他のシステムをいつでも追加できます。
  • 同様に、個々のシステム名の右上にある X 記号をクリックすると、Comparison 内の特定のシステムを削除できます。
  • 上部のオプションメニュー( img drift options menu )をクリックして、比較中の全システムを削除できます。
  • Clear all comparisons をクリックして再起動します。

第4章 インストール済みパッケージ別のシステムファクトのフィルタリング

インストール済みのパッケージ別にシステムファクトをフィルタリングするには、次のコマンドを実行します。

  1. 上部の検索ボックスに必要なパッケージ名を入力します。または、installed_packages を入力してインストール済みパッケージの一覧を表示します。
  2. View ドロップダウンリストで、SameDifferentIncomplete data のチェックボックスを選択して、すべての比較状態の結果を表示します。

Insights for RHEL サービスは、インストール済みの全パッケージについてインストール済みのパッケージとバージョンを一覧表示し、内容が同じか異なるか、またシステム内で情報が欠落しているのはどこかが分かります。

Facts are filtered by installed RPM packages for which you can see a subset of the list. Note that for package `deltarpm` there is no difference in its version between the two systems. However, packages `rpm`, `rpm-build-libs`, `rpm-libs`, and `rpm-python` show differences. Also, data is missing for some of the other packages. This is a discrepancy as systems were not consistently upgraded with approved packages.

第5章 システム比較出力のエクスポート

以前にフィルター処理したシステムプロファイルの Comma Separated Value (CSV) ファイルをエクスポートできます。レポートキャプチャーはインストール済みパッケージにより行われます。ここでは、RPM バージョンが同じで、異なるもの、情報がない場所です。

注記

エクスポートされた CSV レポートは、適用されるフィルターを含む、システム比較出力上の現在の選択をすべて保持します。つまり、WYSIWYG (What you see Is What you Get) パラダイムに従います。したがって、ネスト化されたファクトカテゴリー (例: installed_packages) をレポート内でエクスポートしなければならない場合があります。

手順

  1. 2 つ以上のシステムのシステム比較出力画面の上部で、Export to CSV ボタン img drift export as csv icon をクリックします。
  2. Export to CSV をクリックします。

任意の場所に CSV ファイルを保存し、インストール済みの RPM パッケージでの差異を分析します。