第5章 Red Hat Insights のタグ付けの概要

Red Hat Insights が管理するシステムに説明タグを追加して、個別のシステムにコンテキストマーカーを追加してから、Insights アプリケーションのタグでフィルタリングし、一意のシステムや関連するシステムを見つけることができます。この機能は、大規模な Insights をデプロイする場合に特に有用です。これには、Insights の管理下で数百または数千ものシステムが含まれます。

注記

タグ付けの初期リリースは、Red Hat Insights インベントリーおよびサービスによりサポートされます。

前提条件

Red Hat Insights のタグ付け機能を使用するには、以下の前提条件および条件を満たしている必要があります。

  • tags.yaml ファイルへの追加または変更には、root パーミッション、またはそれらと同等のパーミッションが必要です。
  • Red Hat Insights クライアントが各システムにインストールされている。

5.1. タグおよび tags.yaml の作成

このセクションでは、タグの作成と tags.yaml ファイルの使用に関する詳細情報を提供します。

5.1.1. タグ構造

タグは、namespace/key=value のペアの構造を使用します。

  • Namespace.名前空間は、取得ポイントである insights-client の名前であり、変更することはできません。この tags.yaml ファイルは名前空間から抽象化され、アップロード前にクライアントによってインジェクトされます。
  • Key.キーは、ユーザーが選択したキーまたはシステムの定義済みのキーにすることができます。大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用できます。
  • Value.独自の記述文字列値を定義します。大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用できます。

5.1.2. Tags.yaml ファイル

ユーザー定義のタグが /etc/insights-client/tags.yaml ファイルに追加されています。必要に応じて、任意の数の key=value ペアを tags.yaml に追加できます。YAML 構文を使用すると、コンテンツを簡単に理解し、変更できます。

insights-client --group=eastern-sapを実行すると、タグ付け設定ファイル /etc/insights-client/tags.yaml が作成され、エントリーgroup: eastern-sap が追加されます。以下の tags.yaml ファイルの例は、グループ「eastern-sap」に追加されたタグを示しています。

注記

key=value のペアの作成時には、大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用できます。

# tags
---
group: eastern-sap
name: Jane Example
contact: jexample@corporate.com
Zone: eastern time zone
Location:
- gray_rack
- basement
Application: SAP