第6章 insights-client スケジュールの変更

Insights クライアントの実行時に制御するスケジュールを無効化、有効化、および変更できます。デフォルトでは、Insights クライアントは 24 時間ごとに実行されます。デフォルトのスケジュールのタイマーは異なるため、すべてのシステムで同時にクライアントが実行されません。

注記

insights-client スケジュールの変更に使用する手順は、/etc/redhat-release に示される RHEL のバージョンによって異なります。

6.1. クライアントスケジュールの無効化

デフォルトの Insights クライアント設定を変更し、新しいスケジュールを作成する前に、クライアントスケジュールを無効にする必要があります。

Insights クライアントのどのバージョンと RHEL バージョンがインストールされているかに応じて、以下の表に示される手順を選択します。

表6.1 クライアントバージョンおよび RHEL リリースに基づくクライアントスケジュールの無効化

RHEL のバージョンクライアントバージョンアクション

RHEL 6 から RHEL 7.4

Client 1.x

注記

Client 1.x はサポート対象外になりました。

設定ファイル /etc/insights-client/insights-client.conf の変更および CLI の使用

RHEL 7.5 以降

Client 1.x

注記

Client 1.x はサポート対象外になりました。

CLI の使用

RHEL 6、RHEL 7、およびそれ以降

Client 3.x

CLI の使用

クライアント 1.x で RHEL 7.4 以前を無効にする手順

備考

Client 1.x はサポート対象外になりました。

  1. insights-client コマンドに --version オプションを指定してクライアントバージョンを確認します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 1.0.2-0
    Core: 1.0.76-1
  2. --no-schedule オプションを指定して insights-client コマンドを入力し、クライアントスケジュールを無効にします。このコマンドは、/etc/cron.daily にあるシンボリックリンクを削除します。

    [root@insights]# insights-client --no-schedule
    注記

    --no-schedule オプションは Client 3.x 以上で非推奨となりました。

  3. エディターで /etc/insights-client/insights-client.conf ファイルを開き、以下の行を追加します。

    no_schedule=True

Client 1.x で RHEL 7.5 以降を無効にする手順

備考

Client 1.x はサポート対象外になりました。

  1. insights-client コマンドに --version オプションを指定してクライアントバージョンを確認します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 1.0.2-0
    Core: 1.0.76-1
  2. --no-schedule オプションを指定して insights-client コマンドを入力し、クライアントスケジュールを無効にします。

    [root@insights]# insights-client --no-schedule
    注記

    --no-schedule オプションは Client 3.x 以上で非推奨となりました。

RHEL 6、RHEL 7 以降で Client 3.x で無効にする手順

  1. insights-client コマンドに --version オプションを指定してクライアントバージョンを確認します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 3.0.6-0
    Core: 3.0.121-1
  2. --disable-schedule オプションを指定して insights-client コマンドを入力し、クライアントスケジュールを無効にします。

    [root@insights]# insights-client --disable-schedule