第1章 はじめに

1.1. はじめに

Red Hat Insights は、Ansible Playbook を Insights のメンテナンスプランに統合する機能を備えています。本ガイドは、Red Hat Insights のユーザーが Red Hat カスタマーポータルの Insight UI を使用してメンテナンスプランと playbook を作成するのに役立ちます。Insights と Ansible Playbook の統合により、システム管理者は時間を節約し、生産性を高め、反復作業を排除し、エラーを削減またはなくすことができます。

制限

Ansible の Red Hat Insights との統合には、以下の制限が適用されます。

  • 現在、Ansible Playbook の機能は、カスタマーポータルでのみ提供されているため、Satellite および CloudForms の統合では利用できません。Satellite ユーザーは、カスタマーポータルの UI 経由でこれを使用することができます。
  • Insights 内でシステムを登録する際に当該システムのホスト名を変更する場合は、Ansible のインベントリーで同じ名前を使用する必要があります。同じ名前でない場合は、生成されたプレイブックは実行されません。
  • すべてのルールに playbook があるわけではありません。オファリングは現在、拡張されていますが、Ansible アイコンが表示されているルールでのみ、現在利用可能な playbook があります。

前提条件

本ガイドでは、以下の条件が満たされていることを前提としています。

  • Red Hat Insights が設定されていること。Insights の スタート ページで環境に合わせた手順を確認してください。
  • Ansible 2.2.0 以降をインストール済みであること。
  • Ansible を設定済みであること。

    • Ansible の設定ファイルで ロギング を有効にします。
    • /etc/ansible/hosts ディレクトリーで Inventory ファイルを設定します。
    • すべての 標準 Ansible 設定 が有効になっていることを確認します。
  • すべてのインベントリーホストへの接続を確認します。