Remediation Playbook を使用したシステムパッチの適用

Red Hat Insights 1-latest

適用可能なアドバイザリーおよび影響を受けるシステムを確認し、Ansible Playbook を使用して修正する方法

Red Hat Customer Content Services

概要

本書は、お使いの環境で適用可能なアドバイザリーおよび影響を受けるシステムを確認し、Ansible Playbook を使用して修正を実行する方法を説明します。
Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。