第1章 クエリーでの API の使用

ドリフトサービスを使用すると、あるシステムのシステム設定を、Insights for Red Hat Enterprise Linux インベントリーに登録されている他のシステムおよびベースラインのシステム設定と比較できます。これにより、REST API を使用してシステム設定をクエリーし、ベースラインの作成および管理を行い、ファクトの値と比較の状態を返すことができます。また、比較しているシステムおよびベースラインの CSV 出力を生成することもできます。

注記
  • Red Hat Enterprise Linux API に関する Insights for Red Hat Enterprise Linux サービスの追加情報については、https://cloud.redhat.com/docs/api-docs を参照してください。
  • 最新の OpenAPI Secification ドキュメントは、OpenAPI Specification を参照してください。

1.1. スキーマ

API アクセスは HTTPS 経由で行われ、System Comparison API のドキュメント のルート URL からアクセスされます。すべてのデータが JSON として送受信されます。JSON ファイルには以下が含まれます。

drift-openapi.json
historical-system-profiles-openapi.json
system-baseline-openapi.json