第3章 ベースライン API

ベースラインは、API を使用して作成および管理できるファクトのセットです。

以下のコマンドラインの例は、ベースライン API を使用してベースラインを作成および管理する方法を示しています。ベースラインをゼロから作成するか、システムインベントリー ID、ベースライン ID、過去のシステムプロファイル ID からコピーしたりできます。

3.1. ゼロからの新しいベースラインの作成

ゼロから新しいベースラインを作成できます。

create.json ファイルの例:

{
    	"baseline_facts": [
	    {
	    "name": "fact name 1",
	    "value":  "fact value 1"
	    },
	    {
	    "name": "fact name 2",
	    "value":  "fact value 2"
	    },
            {
            "name": "category 1",
            "values": [
               {
               "name": "sub fact name 1",
               "value":  "sub fact value 1"
               }
      ]
      }
],
"display_name": "demo baseline"
}

以下の例は、JSON データメソッドで POST を使用し、CURL コマンドを使用して、ゼロから新しいベースラインを作成しています。

リクエスト:

$ curl -u username:password
https://cloud.redhat.com/api/system-baseline/v1/baselines -X
POST -d @create.json -H "content-type: application/json"

レスポンス:

{
  "account": "[account number]",
  "baseline_facts": [
    {
      "name": "category 1",
      "values": [
           {
             "name": "sub fact name 1",
             "value": " sub fact value 1"
            }
            ]
            },
      {:context: {parent-context}
        "name": "fact name 1",
        "value": "fact value 1"
       },
       {
        "name": "fact name 2"
        "value": "fact value 2"
       }
    ],
  "created": "2020-05-18T20:25:36.328741Z",
  "display_name": "demo baseline",
  "fact_count": 3,
  "id": "9565f205-5816-43b4-953e-a29fed8b40ec",
  "updated": "2020-05-18T20:25:36.328745Z"
}