6.3. アクティベーションキーの表示

RHC ビューアーは、Hybrid Cloud Console の Activation Keys ページで、組織の数値識別子 (組織 ID) と使用可能なアクティベーションキーを表示することができます。アクティベーションキーとそれぞれの詳細は表に提示されます。Name 列には、アクティベーションキーの名前が含まれています。Role 列には、キーに設定されたシステムの目的属性のロールの値が含まれています。ロールの値には、Red Hat Enterprise Linux Server などがあります。SLA 列には、キーに設定されたシステムの目的属性のサービスレベルアグリーメントの値が含まれます。サービスレベルアグリーメントの値には、Premium などがあります。Usage 列には、キーに設定されたシステムの目的属性の用途の値が含まれています。用途の値には、Production などがあります。アクティベーションキーにシステムの目的属性が設定されていない場合、それぞれのフィールドに値は含まれていません。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしている。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console のロールベースアクセス制御 (RBAC) システムの RHC ビューアーロールまたは RHC 管理者ロールを持っている。

手順

Hybrid Cloud Console でアクティベーションキーを表示するには、次の手順を実行します。