6.5. アクティベーションキーを使用したシステムのリモートホスト設定 (RHC) への登録

Hybrid Cloud Console で作成したアクティベーションキーは、すべてのシステム登録手順を 1 つの安全な自動プロセスにまとめます。

root 権限を持つユーザーは、システムを登録し、事前設定されたシステムの目的属性を適用し、1 つのコマンドでリポジトリーを有効にすることができます。root ユーザーは、Red Hat Subscription Manager やリモートホスト設定 (RHC) などの Red Hat ホスト型サービスにシステムを登録するために使用されるコマンドラインツールに、アクティベーションキーと数値の組織識別子 (組織 ID) を渡すことができます。RHC 管理者が、選択したシステムの目的属性を適用するようにアクティベーションキーを事前設定している場合、それらの属性は、登録プロセス中にシステムに自動的に適用されます。

前提条件

  • 以下の手順でコマンドを実行するための root 権限または同等の権限を持っている。
  • 組織の数値識別子 (組織 ID) を持っている。

手順

アクティベーションキーを使用してシステムを RHC に登録するには、次の手順を実行します。

  1. ターミナルから次のコマンドを入力します。ここで、<activation_key_name> は使用するアクティベーションキーの名前で、<1234567> は組織 ID になります。

    rhc connect --activation-key <activation_key_name> --organization <1234567>