第3章 リモートホスト設定マネージャーを使用した Red Hat Insights への接続設定

Red Hat Hybrid Cloud Console > Red Hat Insights > Inventory > System Configuration > Remote Host Configuration (RHC) にあるリモートホスト設定マネージャーでは、Red Hat Enterprise Linux システムから Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux への接続を制御できます。リモートホスト設定マネージャーから、RHEL インフラストラクチャーへの接続と、リモートシステムでの Insights for Red Hat Enterprise Linux サービスの設定方法を制御します。

リモートホスト設定マネージャーの変更により、rhc クライアントによって取得される Playbook が作成されます。接続された rhc クライアントは、リモートホスト設定マネージャーによる Playbook の送信を監視し、それらを即座に実行します。リモートホスト設定マネージャーは、Playbook の実行を示すログを提供します。

rhc クライアントとリモートホスト設定マネージャーでは、個々のシステム接続を細かく制御することはできず、システムにパッケージ化されて Insights for Red Hat Enterprise Linux にアップロードされるデータをさらに制御することはできません。

各システムが Insights for Red Hat Enterprise Linux に提供するデータのタイプを制御するには、Insights クライアント設定オプションを使用する必要があります。たとえば、Insights for Red Hat Enterprise Linux に送信されるシステム情報にデータ難読化またはデータ編集を適用する場合は、各システムの Insights クライアント設定ファイルで難読化と編集の値を設定する必要があります。

3.1. リモートホスト設定マネージャーを開く

接続設定を表示するには、リモートホスト設定マネージャーを使用します。

初めてマネージャーを開くと、入力してコピーできる rhc コマンド構文のペインが表示されます。これにより、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) システムでリモートホスト設定ユーティリティーをまだ実行していない場合は、コマンド入力が簡素化されます。このペインを閉じることはできますが、再度開くことはできません。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud コンソールにログインしている必要がある。
  • この手順を実行するには、User Access で割り当てられた RHC ビューアー 権限が必要である。

手順