5.4. 既知の問題

システムを使用する際には、ユーザーまたは組織の管理者が認識する必要がある問題があります。

リモートホスト設定に関して、次の既知の問題が文書化されています。

  • Red Hat Satellite に接続されたシステムも修復計画に含まれている場合は、リモートホストの設定が checking ステータスでスタックします。

    1 つ以上のリモートホスト設定システムと 1 つ以上の Red Hat Satellite 接続システムを含む修復計画がある場合、リモートホスト設定マネージャーで Execute Playbook ボタンをクリックしたとき、リモートホスト設定システムは、checking で停止します。リモートホスト設定システムで修復計画を実行することはできません。

    詳細は、RHC stuck at "checking" if a Satellite-connected system is also in the remediation plan を参照してください。

  • リモートホスト設定で修復を実行した後、insights-client コマンドが呼び出されません。

    Remediations によって生成される Playbook には、通常、以下の構造があります。

    • 修復にリスト表示される問題を修正します。
    • 必要に応じて、システムを再起動します。
    • insights-client コマンドを実行して、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux がシステムの状態の更新されたバージョンを持つようにします。

      Remediations UI で Execute playbook をクリックして Playbook を呼び出した場合で、対象のシステムが (Satellite によって管理されているのではなく) rhc クライアントを実行している場合は、最後のステップが欠落しています。その結果、Insights for Red Hat Enterprise Linux は、システムの状態の更新されたビューを受け取ることができません。

    • 現在の一時的な解決策は、システム上で Insights-client を手動で実行するか、次のアップロードまで 24 時間待機することです。
    • 詳細は、insights-client not invoked after executing remediation via RHC を参照してください。