第1章 修復の概要

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) インフラストラクチャーで優先度が最も高い修復事項を特定したら、その問題を修正する修復 Playbook を作成できます。

サブスクリプションの要件

  • Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux は、すべての RHEL サブスクリプションに含まれています。Insights 修復機能を使用するために追加のサブスクリプションは必要ありません。

ユーザー要件

  • Insights のすべてのユーザーは、修復 Playbook の読み取り、作成、および管理に自動的にアクセスできます。

1.1. User Access に関する考慮事項

アカウントのどのユーザーも、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどのデータにアクセスできます。

事前定義済みグループおよびロールの概要

アクセスには、以下の事前定義済みのグループおよびロールが関連します。

  • デフォルトのアクセスグループ: アカウント上のすべてのユーザーが、デフォルトアクセスグループのメンバーです。デフォルトのアクセスグループのメンバーには読み取り専用アクセス権があります。これにより、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどの情報を表示できます。

1.1.1. 修復ユーザーの User Access ロール

Remediations Viewer ロールにより、Insights for Red Hat Enterprise Linux の修復機能への標準または拡張アクセスが有効になります。Remediations viewer ロールは、デフォルトのアクセスグループに含まれています。Remediations viewer ロールは、アカウントの既存の Playbook を表示し、新しい Playbook を作成するためのアクセスを許可します。Remediations viewer は、システムで Playbook を実行できません。