第5章 修復用パッチテンプレートの使用

Red Hat Insights パッチアプリケーションは、スケジュールされたパッチ適用サイクルをサポートします。

パッチテンプレートは、ホストの yum/dnf 操作には影響しませんが、Red Hat Insights でパッチステータスレポートを絞り込むことができます。テンプレートを使用して、簡単なパッチサイクルの Remediation Playbook を作成できます。

5.1. 修復を含むパッチテンプレートの使用

パッチテンプレートには、複数のシステムに適用する 1 つ以上の修復を含めることができます。テスト環境でシステムのグループを更新するパッチテンプレートを作成し、同じパッチテンプレートを使用して実稼働環境のシステムを別の日に更新できます。

修復を含むパッチテンプレートの作成および使用の詳細は、Remediation Playbook を使用したシステムパッチの適用 を参照してください。

注記

割り当てたシステムにパッチテンプレートを適用すると、それらのシステムに該当する、最近公開されたアドバイザリーは表示されなくなります。Red Hat Hybrid Cloud Console の通知を使用すると、インフラストラクチャーに影響を与える可能性のある新しく公開されたアドバイザリーを確実に把握できます。

Red Hat Hybrid Cloud Console の通知の詳細は、Red Hat Hybrid Cloud Console での通知の設定 を参照してください。