第2章 Insights とのホスト通信の有効化

Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux からリモートシステムで Playbook を実行するには、システムが Red Hat Insights と通信できる必要があります。

  • Red Hat Satellite で管理されていない Red Hat Enterprise Linux システムの場合、以下の手順に従って、そのシステムで rhc クライアントを有効にする必要があります。
  • Satellite によって 管理されている システムの場合、そのシステムのホストサーバーで Cloud Connector を設定します。:context: host-communication-with-insights

2.1. Insights によって直接管理されるシステムでの rhc クライアントの有効化

Insights for Red Hat Enterprise Linux から修復 Playbook を実行できるようにするには、インフラストラクチャー内のシステムで rhc クライアントを有効にする必要があります。rhc connect コマンドは、システム (RHEL8.6 以降、および 9.0 以降) を Red Hat Subscription Manager および Red Hat Insights に登録し、Insights for Red Hat Enterprise Linux でリモートホスト設定 (rhc) 機能を有効にすることでこれを行います。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux ホストシステムでの sudo アクセス

RHEL8.5 システムで rhc を接続する

RHEL 8.5 のリモートホスト設定には、ansiblerhc-worker-playbook の依存関係があります。依存関係をインストールするには、最初に Subscription Manager に登録する必要があります。

  • 次のコマンドを使用して、RHEL 8.5 システムで rhc を有効化します。

    [root]# subscription-manager repos --enable ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
    [root]# dnf -y install ansible rhc-worker-playbook-0.1.5-3.el8_4
    [root]# rhc connect

RHEL8.6 以降のシステムでの rhc の接続

  • 次のコマンドを使用して、RHEL8.6 以降のシステムで rhc を有効化します。

    [root]# dnf -y update rhc
    [root]# dnf -y install rhc-worker-playbook
    [root]# rhc connect

RHEL9.0 以降のシステムでの rhc の接続

  • 次のコマンドを使用して、RHEL9.0 以降のシステムで rhc を有効化します。

    [root]# dnf -y install rhc rhc-worker-playbook
    [root]# rhc connect

関連情報