第4章 修復 Playbook の実行

修復 Playbook を作成したら、組織の Ansible ワークフローを使用して Playbook をダウンロードして実行するか、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションからリモートシステムで Playbook を実行することができます。

4.1. Insights User Interface からの修復 Playbook の実行

インフラストラクチャー内のシステムに rhc クライアントをインストールした後、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションから直接、リモート RHEL システム上で修復 Playbook を実行できます。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud コンソールにログインしている必要があります。
  • Remediations administrator ロールを持つ User Access グループのメンバーである必要があります。

手順

  1. Automation Toolkit > Remediations に移動します。
  2. 実行する修復 Playbook を選択し、Playbook 名をクリックします。
  3. Execute playbook ボタンをクリックします。
  4. ポップアップされたウィンドウで、Execute playbook on systems ボタンをクリックします。Playbook がそのシステムで実行されます。