第5章 付録

この付録には、以下の参考資料が含まれています。

  • システムファクト
  • 演算子

5.1. システムファクト

以下の表に、システム比較用のシステムファクトを示します。

表5.1 システムファクトおよび機能

ファクト名説明値の例

Ansible

Ansible 関連のファクトのリストを含むカテゴリー

値が 4.0.0 の controller_version

arch

システムアーキテクチャー

x86_64

bios_release_date

BIOS リリース日: 通常は MM/DD/YYYY

01/01/2011

bios_vendor

BIOS ベンダー名

LENOVO

bios_version

BIOS バージョン

1.17.0

cloud_provider

クラウドベンダー。値は googleazureawsalibaba、または empty です。

google

cores_per_socket

ソケットあたりの CPU コア数

2

cpu_flags

CPU フラグのリストが含まれるカテゴリー。それぞれの名前は CPU フラグ (vmxなど) で、値は常に enabled です。

値が enabledvmx

enabled_services

有効なサービスのリストが含まれるカテゴリー。各カテゴリーの名前はサービス名 (crond など) で、値は常に enabled です。

値が enabledcrond

fqdn

システムの完全修飾ドメイン名

system1.example.com

infrastructure_type

システムインフラストラクチャー。一般的な値は virtual または physical です。

virtual

infrastructure_vendor

インフラストラクチャーベンダー。一般的な値は kvmvmwarebaremetal などです。

kvm

installed_packages

インストールされている RPM パッケージのリスト。これはカテゴリーです。

値が 4.2.46-33.el7.x86_64bash

installed_services

インストールされているサービスのリストが含まれるカテゴリー。各カテゴリーの名前はサービス名 (crond など) で、値は常に installed です。

値が installedcrond

kernel_modules

カーネルモジュールのリスト。カテゴリーの各名前はカーネルモジュール (例: nfs) で、値は enabled です。

値が enablednfs

last_boot_time

YYYY-MM-DDTHH:MM:SS 形式のブート時間。情報のみ。システム全体での起動時間は比較しません。

2019-09-18T16:54:56

mssql

MSSQL 関連のファクトのリストを含むカテゴリー

値が 15.0.4153.1 の mssql_version

network_interfaces

ネットワークインターフェイスに関連するファクトの一覧

 
 

各インターフェイスには、ipv6_addressesipv4_addressesmac_addressmtustatetype のファクトが 6 つあります。2 つのアドレスフィールドは IP アドレスのコンマ区切りリストです。state フィールドは UP または DOWN のいずれかになります。type フィールドはインターフェイス種別です (例: etherloopbackbridge など)。

 
 

各インターフェイス (例: loem1 など) は、ファクト名の前に付けられます。たとえば、em1 の MAC アドレスは em1.mac_address という名前のファクトになります。

 
 

多くのネットワークインターフェイスのファクトは、システム全体で等しいことを確認するために比較されます。ただし、ipv4_addressesipv6_addresses、および mac_address は、システム全体で異なることを確認するためにチェックされます。lo のサブ例外 (subexception) は、すべてのシステムで常に同じ IP アドレスと MAC アドレスを持つ必要があります。

 

number_of_cpus

CPU の合計数

1

number_of_sockets

ソケットの合計数

1

os_kernel_version

カーネルバージョン

4.18.0

os_release

カーネルリリース

8.1

running_processes

実行中のプロセスのリスト。ファクト名はプロセスの名前で、値はインスタンス数です。

値が 1crond

sap_instance_number

SAP インスタンス番号

42

sap_sids

SAP システム ID (SID)

A42

sap_system

SAP がシステムにインストールされているかどうかを示すブール値フィールド

True

sap_version

SAP バージョン番号

2.00.052.00.1599235305

satellite_managed

システムが Satellite Server に登録されているかどうかを示すブール値フィールド

FALSE

selinux_current_mode

現在の SELinux モード

enforcing

selinux_config_file

設定ファイルに設定されている SELinux モード

enforcing

systemd

失敗の数、キューに入れられている現在のジョブの数、および systemd の現在の状態

state with a value of degraded

system_memory

人が読める形式のシステムメモリーの合計

3.45 GiB

tuned_profile

tuned-adm active コマンドから生成された現在のプロファイル

desktop

yum_repos

yum リポジトリーの一覧。リポジトリー名がファクトの最初に追加されます。各リポジトリーには、関連するファクト base_urlenabled、および gpgcheck があります。

Red Hat Enterprise Linux 7 Server(RPMs).base_url の値は https://cdn.redhat.com/content/dist/rhel/server/7/$releasever/$basearch/os になります。