第3章 ポリシーの作成

以下のワークフローの例では、複数のタイプのポリシーを作成し、システム設定の変更を検出して変更通知の電子メールを送信する方法を説明します。

注記

ポリシーの作成時に、メールのアラートにオプトインしていない旨の警告メッセージが表示される場合は、ポリシーからメールを受信するようにユーザー設定を行います。

3.1. パブリッククラウドプロバイダーがオーバープロビジョニングされないようにするポリシーの作成

以下の手順を使用してポリシーを作成します。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console で、Operations > Policies に移動します。
  2. Create policy をクリックします。
  3. 必要に応じて、Create a policy ページで From scratch または As a copy of existing Policy をクリックします。As a copy of existing Policy オプションでは、開始点として使用する既存のポリシーリストからポリシーを選択するように求められます。
  4. Next をクリックします。
  5. Condition を入力します。この場合は、['alibaba', 'aws', 'azure', 'google'] and(facts.number_of_cpus >= 8 or facts.number_of_sockets >=2) と入力します。この条件では、指定のパブリッククラウドプロバイダーで実行中のインスタンスが許容範囲を超える CPU ハードウェアで実行されているかどうかを検出します。

    注記

    What condition can I define? または Review available system facts をデプロイメントして、使用可能な条件の説明を表示し、利用可能なシステムファクトをそれぞれ表示できます。このセクションでは、使用できる構文の例を示します。

  6. Validate condition をクリックします。
  7. 条件を検証したら、Next をクリックします。
  8. Trigger actions ページで Add trigger actions をクリックします。通知がグレーアウトされたら、通知ボックスの Notification settings を選択します。ここで、通知とその動作をカスタマイズできます。
  9. Next をクリックします。

    注記

    Trigger actions ページで、電子メールアラートを有効にし、電子メール設定を開くこともできます。

  10. Review and enable ページで、切り替えスイッチをクリックしてポリシーを有効にし、詳細を確認します。
  11. Finish をクリックします。

新しいポリシーが作成されました。システムのチェックインでポリシーが評価されたときに、ポリシーの条件が満たされている場合、ポリシーは、ユーザーの電子メール設定に応じて、ポリシーにアクセスできるアカウントのすべてのユーザーに電子メールを自動的に送信します。