Red Hat Insights の使用

Red Hat Insights 1-latest

Red Hat Insights の使用を開始する方法

Red Hat Customer Content Services

概要

このドキュメントでは、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux、Red Hat Insights for Red Hat OpenShift Container Platform、Red Hat Insights for Red Hat Ansible Automation Platform を登録およびインストールするための出発点とリソースを紹介します。
Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。