第4章 JSON、CSV、または PDF ファイルとしての Vulnerability データのエクスポート

Vulnerability サービスを使用すると、RHEL インフラストラクチャーのシステムで CVE のデータをエクスポートできます。Vulnerability サービスでフィルターを適用して、特定の CVE またはシステムセットを表示すると、このフィルターの基準をもとにデータをエクスポートできます。

これらのレポートには Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションからアクセスでき、.csv、.json、または PDF ファイルとしてエクスポートおよびダウンロードできます。

4.1. Vulnerability サービスからの CVE データのエクスポート

Vulnerability サービスから一部のデータをエクスポートするには、以下の手順を実行します。

手順

  1. Security > Vulnerability > CVEs ページに移動し、必要に応じてログインします。
  2. フィルターを適用し、各列の上部にあるソート機能を使用して、特定の CVE を見つけます。
  3. CVE の一覧および Filters メニューの右側にある Export アイコン img insights export icon をクリックし、ダウンロード設定に基づいて Export to JSONExport to CSV、または Export as PDF を選択します。
  4. ダウンロード先を選択し、Save をクリックします。