第2章 Insights for Red Hat Enterprise Linux アドバイザーサービスのデータエクスポート

advisor サービスを使用する場合は、登録した各システムに影響する推奨事項を示すレポート (JSON または CSV 形式) をエクスポートできます。エクスポートしたレポートには以下の情報が含まれます。

  • ホスト名
  • ホストのインベントリー UUID
  • RHEL のバージョン
  • このホストから Insights for Red Hat Enterprise Linux に最後にデータがアップロードされた日時
  • ホストに影響する推奨事項のタイトル
  • この推奨事項についてのソリューションへのリンク
  • この推奨事項が直面するリスクの合計 (1 から 4 まで、1 は低リスク、4 は高リスクを意味します)
  • 登録したシステムでこの推奨事項がアクティブである可能性 (1 から 4 まで。1 は可能性が低く、4 は可能性が非常に高い)
  • この推奨事項の公開日
  • このホストのスキャン結果へのリンク

2.1. advisor サービスを使用したレポートのエクスポート

advisor サービスを使用してレポートをエクスポートするには、以下の手順を実行します。

  1. Operations > Advisor > Recommendations ページに移動し、必要に応じてログインします。
  2. 必要に応じてフィルターを適用して結果を絞り込みます。
  3. ツールバーの検索ボックスの右側の Download アイコンをクリックします。
  4. 希望に応じて Export to CSV または Export to JSON のいずれかを選択します。
  5. ダイアログボックスで Open with を選択し、ファイルを開くアプリケーションを指定します。または、Save File をクリックして OK をクリックします。