第1章 Red Hat Update Infrastructure に登録されたシステムへの Red Hat Insights のデプロイ

このガイドは、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) が管理するクラウドマーケットプレイスで購入した既存の Red Hat Enterprise Linux システムに Red Hat Insights をデプロイするユーザーを対象にしています。

Insights の使用を開始するには、監視して評価する各システムで以下のアクションを実行する必要があります。

  • 事前にインストールされていない場合は、Insights クライアントをインストールします。
  • 認証形式 (アクティベーションキーまたは Red Hat Subscription Manager) を使用するようにクライアントを設定します。
  • システムを Insights for Red Hat Enterprise Linux に登録します。

認証の詳細は、Red Hat Insights クライアント設定ガイド を参照してください。

1.1. Insights クライアントのインストール

注記

Insights client インストール手順は、Red Hat Enterprise Linux 8 (RHEL8) システムでは必要ありません。

各システムにクライアントパッケージをインストールします。

手順

  1. 以下のコマンドを実行し、現在のバージョンの insights クライアントパッケージをインストールします。

    [root@server ~]# yum install insights-client

1.1.1. 認証の設定

Insights クライアントでは、次の認証方法を使用できます。

  • アクティベーションキー (推奨)
  • Red Hat Subscription Manager (RHSM)

認証のセットアップ方法に関する詳細は、Red Hat Insights のクライアント設定ガイド を参照してください。