2.3. カスタムリポジトリーの削除

カスタムリポジトリーが不要になった場合は、そのリポジトリーを削除できます。

前提条件

  • RHEL サブスクリプションがある。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console Web ユーザーインターフェイスまたは repository administrator ロールへの管理者アクセスがある。

手順

  1. Hybrid Cloud Console にアクセスします。
  2. Services > Observe > RHEL > Repositories をクリックします。
  3. 削除するリポジトリーを見つけ、Options メニューで Delete をクリックします。

検証

  • カスタムリポジトリーの一覧を開き、リポジトリーが存在しないことを確認します。