3.2. Microsoft Azure アカウントの Red Hat Hybrid Cloud Console への接続

Microsoft Azure アカウントを Red Hat Hybrid Cloud Console に追加し、Azure 環境で RHEL イメージを起動するように設定できます。

前提条件

  • RHEL サブスクリプションがある。
  • 組織管理者であるか、または "Launch administrator" ロールと "Cloud administrator" ロールが割り当てられた非管理者ユーザーである。ユーザーにロールを割り当てる方法 を参照してください。
  • Microsoft Azure アカウントがある。
  • Microsoft Azure サブスクリプションに以下のリソースプロバイダーを登録している。

    • Microsoft.Compute
    • Microsoft.Storage
    • Microsoft.Network

手順

  1. Hybrid Cloud Console にアクセスします。
  2. Settings アイコンをクリックしてから、Settings > Integrations をクリックします。
  3. Add Integration をクリックします。Add integration ウィザードが開きます。
  4. Select integration type ページで Microsoft Azure を選択し、Next をクリックします。
  5. Name integration ページの Integration name フィールドで Microsoft Azure アカウントのインテグレーションに名前を付け、Next をクリックします。
  6. Select application ページで Launch images オプションを選択し、Next をクリックします。
  7. Configure Azure Lighthouse ページで Take me to Lighthouse をクリックし、Microsoft の指示に従って Azure Lighthouse で設定手順を完了します。Add integation ウィザードに戻り、Next をクリックします。
  8. Set subscription ID ページで、Subscription ID フィールドに入力し、Next をクリックします。
  9. Review details ページで、Microsoft Azure アカウントの詳細を確認し、Add をクリックして Integrations への追加を終了します。