第2章 カスタマイズされたオペレーティングシステムを構築するためのリポジトリー管理

リポジトリーのライフサイクルを管理することなく、サードパーティーのコンテンツを使用してカスタマイズしたリポジトリーを定義できます。サードパーティーのコンテンツを使用してイメージをビルドし、そのイメージをパブリッククラウド環境で起動すると、dnf ツールでそれらのリポジトリーを使用できます。

2.1. カスタムリポジトリーの追加

このリポジトリーからカスタマイズイメージにパッケージを追加できるようにリポジトリーを定義します。

前提条件

  • RHEL サブスクリプションがある。
  • Red Hat Hybrid Cloud Console Web ユーザーインターフェイスまたは repository administrator ロールへの管理者アクセスがある。
  • リポジトリーコンテンツへの URL リンクがある。

手順

  1. Hybrid Cloud Console にアクセスします。
  2. Services > Observe > RHEL > Repositories をクリックします。
  3. Add repositories をクリックします。Add custom repositories ウィザードが開きます。
  4. オプション: Snapshot creation オプションを有効にして、このリポジトリーの毎日のスナップショットを作成します。これにより、一貫したリポジトリーコンテンツを持つイメージブループリントを作成できます。

    Snapshot creation オプションは Preview モードでのみ使用できることに注意してください。

  5. 以下の情報を入力します。

    1. NAME - 必須。
    2. url - 必須。
    3. Restrict architecture ドロップダウンメニューで、アーキテクチャーを選択します。すべてのアーキテクチャーを許可することも、システムアーキテクチャーを 1 つに制限して、誤ったリポジトリーが利用可能になることを回避することもできます。
    4. Restrict OS version ドロップダウンメニューで、オペレーティングシステム (OS) を選択します。すべての RHEL バージョンを許可することも、システムバージョンに合わせて 1 つを選択して、誤ったリポジトリーが利用可能になることを回避することもできます。
    5. オプション: Modularity filtering オプションを無効にします。Modularity filtering オプションが無効になっている場合は、このパッケージがモジュールの一部であっても、このリポジトリー内のパッケージを更新できます。
    6. GPG key - GPG キーを含む .txt ファイルをアップロードするか、既存の GPG キーの URL または値を貼り付けます。GPG キーは、リポジトリーの署名済みパッケージを検証します。リポジトリーの GPG キーを提供しない場合、システムは検証を実行できません。
  6. 別のリポジトリーを追加する場合は、+ Add another repository ボタンをクリックし、ステップ 3 を繰り返します。
  7. Save をクリックします。Red Hat Hybrid Cloud Console は、プロジェクトのステータスを検証します。リポジトリーが Invalid とマークされている場合は、追加したリポジトリーの URL を確認します。リポジトリーのステータスの詳細は、リポジトリーのステータス セクションを参照してください。

検証

  • カスタムリポジトリーの一覧を開き、追加したリポジトリーがリストされていることを確認します。