第3章 RHEL イメージを起動するためのインテグレーションの設定

パブリッククラウド環境でカスタマイズした RHEL イメージを起動できます。これを行うには、アカウントを Integrations に追加して、パブリッククラウドアカウントを Hybrid Cloud Console に接続する必要があります。パブリッククラウドアカウントを追加する際、クラウドプロバイダーによっては、そのアカウントにログインしていくつかのアクションを実行する必要がある場合があります。

3.1. AWS アカウントの Red Hat Hybrid Cloud Console への接続

Amazon Web Services (AWS) アカウントを Red Hat Hybrid Cloud に追加し、AWS 環境で RHEL イメージを起動するように設定できます。

前提条件

  • RHEL サブスクリプションがある。
  • 組織管理者であるか、または "Launch administrator" ロールと "Cloud administrator" ロールが割り当てられた非管理者ユーザーである。ユーザーにロールを割り当てる方法 を参照してください。
  • awscli パッケージおよび jq パッケージをインストールしている。
  • オプション: 自動アクセス設定に従う場合は、AWS アカウントの Access key IDSecret access key を取得している。

手順

  1. Hybrid Cloud Console にアクセスします。
  2. Settings アイコンをクリックしてから、Settings > Integrations をクリックします。
  3. Add integration をクリックします。Add integrations ウィザードが開きます。
  4. Select integration type ページで Amazon Web Service を選択し、Next をクリックします。
  5. Integration name ページの Name フィールドで AWS アカウントのインテグレーションに名前を付け、Next をクリックします。
  6. Select configuration ページで、以下の 2 つのオプションを選択します。

    1. Account authorization を選択した場合は、AWS アカウントからお使いの ID の Access key ID および Secret access key を指定します。Next をクリックして、以下の手順を実行します。

      1. Select application ページで Launch images オプションを選択します。Next をクリックします。
      2. Review details ページで、AWS アカウントの詳細を確認し、Add をクリックします。コンソールは、指定した認証情報を使用して AWS アカウントに接続し、AWS アカウントで必要なパーミッションを割り当てた Identity and Access Management (IAM) ロールを作成します。
    2. Manual configuration を選択した場合には、Next をクリックして以下の手順を実行します。

      1. Select application ページで Launch images オプションを選択します。Next をクリックします。
      2. Enable account accessCreate IAM policy ページで、Copy to clipboard を使用してコマンドをコピーし、ターミナルで実行します。Next をクリックします。
      3. Enable account accessCreate IAM role ページで、ウィザードウィンドウの指示に従います。Next をクリックします。
      4. Enable account accessEnter ARN ページで、ARN をテキストフィールドに入力します。Next をクリックします。
  7. Review details ページで、AWS アカウントの詳細を確認し、Add をクリックして Integrations への追加を終了します。