7.3. Red Hat Insights を使用した変換に関する問題のトラブルシューティング

Red Hat Insights を使用して RHEL に変換する際に、次の問題が発生する可能性があります。

7.3.1. 変換前分析タスクでシステムが欠落している

Red Hat Insights で RHEL に変換するための変換前分析 タスクを実行する際に、RHEL インベントリー には正しく表示されていた CentOS Linux 7 システムが、変換前分析を実行できるシステムのリストに表示されない場合があります。この問題は、リモートホスト設定 (RHC) が切断されている場合に発生します。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console にログインし、Red Hat Insights > RHEL > Inventory > Systems に移動します。
  2. 該当するシステムを表から選択します。
  3. General Information タブで、System Status カードに移動し、RHC ステータスを確認します。

    1. RHC ステータスが Connected の場合、RHC は正しく接続されています。
    2. RHC ステータスが Not available の場合、RHC は切断されています。次のステップに進んで RHC を再接続します。
  4. ターミナルでシステムの登録を解除します。

    # rhc disconnect
  5. トラブルシューティングに役立つように、RHC systemd サービス (rhcd) のロギングを最高レベルに設定します。

    # sed -ie 's%error%trace%' /etc/rhc/config.toml
  6. ターミナルで Red Hat Insights にシステムを登録し、RHC を再度有効にします。

    # insights-client --register
    # rhc connect -a <activation_key> -o <organization_ID>

    activation_key および organization_ID は、Red Hat カスタマーポータルのアクティベーションキーと組織 ID に置き換えます。

検証

  • RHEL に変換するための変換前分析タスクでシステムを選択できることを確認します。

    依然としてシステムが正しく表示されない場合は、rhcd および insights-client ツールからのエラーメッセージを確認してください。

    # journalctl -u rhcd
    # less /var/log/insights-client/insights-client.log

7.3.2. 変換前分析タスクが完了しない

RHEL に変換するための変換前分析 タスクを実行した後、Task failed to complete for an unknown reason. Retry this task at a later time. というエラーメッセージが表示され、1 つ以上のシステムがレポートの生成に失敗する場合があります。この問題が発生した場合は、以下の手順を実行してトラブルシューティングを行ってください。

手順

  1. ネットワークアクセシビリティーの問題やシステム停止などの理由で、該当するシステムが利用不可になっていないかどうかを確認します。
  2. RHC systemd サービス (rhcd) でエラーを確認します。

    1. ターミナルで rhcd を停止します。

      # systemctl stop rhcd
    2. rhcd ロギングを最高レベルに設定します。

      # sed -ie 's%error%trace%' /etc/rhc/config.toml
    3. rhcd を再起動します。

      # systemctl start rhcd
    4. rhcd によって出力されたエラーメッセージを確認します。

      # journalctl -u rhcd
  3. rhc-worker-script ログファイルでエラーを確認します。

    # less /var/log/rhc-worker-script/rhc-worker-script.log