7.4. 既知の問題と制限

変換中に以下の問題と制限が発生することが知られています。

  • HTTP プロキシーサーバーを使用してインターネットに接続するシステムは、RHSM を介して Red Hat CDN または Satellite を使用して変換できません。この問題を回避するには、yum の HTTP プロキシーを有効にし、RHSM の HTTP プロキシーを設定します。

    1. How to enable proxy settings for yum command on RHEL? の説明に従って、HTTP プロキシーを使用するように yum を設定します。
    2. subscription-manager パッケージをインストールします。

      1. Red Hat GPG キーをダウンロードします。

        # curl -o /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release https://www.redhat.com/security/data/fd431d51.txt
      2. subscription-manager パッケージを含む client-tools リポジトリーのリポジトリーファイルをインストールします。

        • CentOS Linux および Oracle Linux 7 の場合:

          # curl -o /etc/yum.repos.d/client-tools.repo https://ftp.redhat.com/redhat/client-tools/client-tools-for-rhel-7-server.repo
        • Alma Linux、CentOS Linux、Oracle Linux、または Rocky Linux 8 の場合:

          # curl -o /etc/yum.repos.d/client-tools.repo https://ftp.redhat.com/redhat/client-tools/client-tools-for-rhel-8-x86_64.repo
      3. 次の subscription-manager パッケージをインストールします。

        # yum -y install subscription-manager subscription-manager-rhsm-certificates
    3. How to configure HTTP Proxy for Red Hat Subscription Management の説明に従い、RHSM の HTTP プロキシーを設定します。
    4. Simple Content Access (SCA) を有効にします。詳細は、Simple Content Access に関するナレッジベースの記事を参照してください。
    5. システムを RHSM に登録します。

      # subscription-manager register --org <organization_id> --activationkey <activation_key>

      organization_idactivity_key を、Red Hat カスタマーポータル の組織 ID とアクティベーションキーに置き換えます。

    6. /etc/convert2rhel.ini ファイルから組織 ID とアクティベーションキーを削除します。
    7. RHEL への変換を実行します。

      # convert2rhel

      (RHELC-559)

  • セキュアブートが有効になっている UEFI システムは、変換がサポートされていません。この問題を回避するには、変換前にセキュアブートを無効にし、変換の完了後に再度有効にします。(RHELC-138)
  • Red Hat Insights を使用して変換している場合、2 つの RHC デーモン (rhcd) プロセスを同時に実行すると、変換前分析が期待どおりに実行されなくなります。この問題を回避するには、一度に 1 つの rhcd プロセスのみを実行します。(HMS-2629)
  • 変換前分析および変換で見つかった一部の阻害要因は、環境変数を設定することでオーバーライドできます。既知の問題により、Hybrid Cloud Console はこの環境変数が設定されたことを認識しません。そのため、Insights を使用して変換する際に、オーバーライド可能な阻害要因を修復する必要があります。(RHINENG-5943)