第2章 変換方法

要件に応じて、次のいずれかの方法を使用して RHEL に変換できます。

  • コマンドラインインターフェイスを使用した変換 - この方法は、少数のサーバーを変換する場合、またはカスタム自動化を使用して多数のサーバーを大規模に変換する場合に使用します。

    注記

    Satellite サブスクリプションを持っているが、コマンドラインインターフェイスを使用して変換する予定の場合は、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用する代わりに、Satellite を介して必要な RHEL パッケージにアクセスできます。

    コマンドラインインターフェイスを使用して変換する方法の詳細は、RHEL 変換の計画 および コマンドラインを使用した変換 を参照してください。

  • Satellite を使用した変換 - この方法は、多数のサーバーを大規模に変換する場合に使用します。Satellite を使用して変換するには、Satellite サブスクリプションが必要です。Satellite を使用して変換する方法の詳細は、ホストの Red Hat Enterprise Linux への変換 を参照してください。
  • Red Hat Insights を使用した変換 - この方法を使用すると、Satellite サブスクリプションがなくても、使いやすい GUI インターフェイスで複数のシステムを変換できます。システムはインターネットに接続されている必要があります。変換後、システムは Red Hat Insights に完全にオンボーディングされます。

    注記

    Insights は、Amazon Web Services (AWS)の従量課金モデルを使用した Red Hat Enterprise Linux for Third Party Migration による変換をサポートします。詳細は、Red Hat Enterprise Linux for Third Party Linux Migration を参照してください。

    Red Hat Insights を使用して変換する方法の詳細は、RHEL 変換の計画 を参照してください。