5.5. システムファクトのソート

ユーザーインターフェイス (UI) を使用するか、URL パラメーターを編集して並べ替えるのと同じ方法で、システムファクトを並べ替えることができます。

UI を使用したソート

UI では、システムファクトをアルファベット順にソートできます。Fact ( img fact sort1 ) の横にある矢印をクリックして、並べ替えを昇順または降順に切り替えます。ファクトは、デフォルトでは昇順で表示されます。また、システムファクトを比較 State 別でソートすることもできます。State ( img drift state sort ) の横にある矢印をクリックして、状態による並べ替えに切り替えます。

注記

並べ替えは、適用されたフィルターと組み合わせて機能します。つまり、インストールされたパッケージ、または比較状態でファクトを表示するためにフィルターをかけた場合、フィルタリングされたデータはソートまたは比較状態でソートできます。

URL を編集してソートする

URL パラメーターを編集すると、ソートを迅速に行うことができます。この機能の使用方法は、以下の URL を参照してください。

[package]insights/drift/?baseline_ids=<baseline-id>&system_ids=<system-id>&hsp_ids=<hsp-id>&reference_id=<reference-id>&filter[name]=bios,arch&filter[state]=same,different,incomplete_data&sort=-state,fact

パラメーター

  1. [package]insights/drift/
  2. [package]?
  3. [package]baseline_ids=<baseline-id>&system_ids=<system-id>&hsp_ids=<hsp-id>
  4. [package]&reference_id=<reference-id>
  5. [package]&filter[name]=bios,arch
  6. [package]&filter[state]=same,different,incomplete_data
  7. [package]&sort=-state,fact

パラメーターの使用方法

  1. アプリサービス: これは、使用しているアプリサービスを反映します。この場合は、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux を参照してください。
  2. Search パラメーター: これは、後続のパラメーターで検索する drift を指定する文字です。
  3. システム、ベースライン、過去のプロファイルの ID: これは、比較対象のシステム、ベースライン、および過去のプロファイルの ID です。それぞれ、最初の ? の後に & 記号を付け、各パラメータータイプ(baseline_ids、system_ids、hsp_ids)を指定します。
  4. 参照として使用するシステム、ベースライン、または過去のプロファイルの ID: 他のすべてのファクトと比較するためのリファレンスとして使用されるシステム、ベースライン、または過去のシステムプロファイルの ID です。reference-id は、パラメーター (baseline_id、system_id、または hsp_id) のいずれかで指定する必要があります。指定しない場合は、比較の参照が設定されません。
  5. ファクトネームフィルター: & 記号で始まり、[名前] をフィルターにかけます。適用される各ファクト名フィルターは、= 記号の後に追加され、スペースを使用せずにコンマで区切ります。
  6. ステートフィルター: ファクト名フィルターと同じですが、先頭に filter[state] が付きます。filter[state] に有効な値は、same、different、および incomplete_data です。複数の値を指定する場合は、コンマで区切り、空白を使用しないでください。
  7. テーブルのソート: & 記号の前に置くと、state や fact が sort= の後に追加され、コンマで区切られます。state または fact の前に - 記号がある場合は、降順でソートされます。それ以外の場合は昇順でソートされます。状態ソートには、ソート機能がありません。この場合、url パラメーターに state は追加されません。一方、ファクトソートは、オフにするとデフォルトでは昇順になります。

これらのパラメーターは手動で入力できますが、UI を変更する際に自動入力することが主な機能になります。