5.8. マルチファクトフィルタリングの使用

マルチファクトフィルタリングを使用して、システムのカスタム比較を作成します。ファクトとタグの特定のグループで比較クエリーをフィルターにかけることができます。

マルチファクトフィルタリングを使用して、次のことができます。

  • ファクト名フィールドに複数の値を入力できます。
  • 複数のフィルター間でのスワップは回避してください。
  • 無関連なファクトを除外します。
  • トラブルシューティングを改善するために、特定の問題に関連するファクトを比較します。
  • 他の管理者または同僚と比較を共有します。