5.4. URL パラメーターを使用したシステムファクトのフィルタリング

ドリフトサービスを使用すると、カスタム比較を作成できるマルチファクトフィルター処理が可能になります。システムファクトは、いくつかの方法でフィルタリングできます。

  • ファクトの比較状態で
  • ファクト名で
  • ファクトのカテゴリーで

5.4.1. URL を編集してソートする

フィルタリングを迅速に行うには、URL パラメーターを編集します。次の例は、サンプル URL とそのパラメーターを示しています。パラメーターの番号は、その下にあるパラメーターの説明の番号付き項目に対応しています。

[package]insights/drift/?baseline_ids=<baseline-id>&system_ids=<system-id>&hsp_ids=<hsp-id>&reference_id=<reference-id>&filter[name]=bios,arch&filter[state]=same,different,incomplete_data&sort=-state,fact

パラメーター

  1. [package]insights/drift/
  2. [package]?
  3. [package]baseline_ids=<baseline-id>&system_ids=<system-id>&hsp_ids=<hsp-id>
  4. [package]&reference_id=<reference-id>
  5. [package]&filter[name]=bios,arch
  6. [package]&filter[state]=same,different,incomplete_data
  7. [package]&sort=-state,fact
  8. [package]&filter[show]=baseline

パラメーターの説明

これらのパラメーターは、必要に応じて手動で入力できますが、UI で行った変更は、このパラメーターリストに自動的に入力されます。

  1. アプリサービス: これは、使用している Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux を反映しています。この例では、Red Hat Enterprise Linux の Red Hat Insights でドリフトサービスを使用します。
  2. Search パラメーター: これは、後続のパラメーターで検索する drift を指定する文字です。
  3. システム、ベースライン、過去のプロファイルの ID: これは、比較対象のシステム、ベースライン、および過去のプロファイルの ID です。それぞれ、最初の ? の後に & 記号を付け、各パラメータータイプ(baseline_ids、system_ids、hsp_ids)を指定します。
  4. 参照として使用するシステム、ベースライン、または過去のプロファイルの ID: 他のすべてのファクトと比較するためのリファレンスとして使用されるシステム、ベースライン、または過去のシステムプロファイルの ID です。reference-id は、パラメーター (baseline_id、system_id、または hsp_id) のいずれかで指定する必要があります。指定しない場合、パラメーターは比較の基準を設定しません。
  5. ファクト名フィルター: このファクト名フィルターは、&filter[name]=fact の形式を取ります。たとえば、&filter[name]=bios,arch です。複数のファクトを指定するには、スペースを入れずにコンマで区切ります。
  6. 状態フィルター: これらのフィルターは、ファクト名フィルターと同様の形式を取りますが、&filter[state] を使用します。filter[state] に有効な値は、samedifferent、および incomplete_data です。複数のファクトを指定するには、それらをコンマで区切り、スペースを入れないでください。
  7. テーブルの並べ替え: このパラメーターは &sort=state の形式を使用します。複数のファクトを指定するには、それらをコンマで区切り、スペースを入れないでください。降順で並べ替えるには、マイナス記号 (-) を追加します。たとえば、&sort=-fact です。マイナス記号が表示されない場合、並べ替えは昇順で行われます。状態の並べ替えを省略する (「並べ替えなし」) には、パラメーターから状態の並べ替えを省略します。ファクトのソートは省略できません。ファクトソートの値を指定しない場合、ソートはデフォルトで昇順になります。