第2章 Drift サービスへのアクセス

drift サービスは、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux に同梱されています。Red Hat Hybrid Cloud Console を使用してこのサービスにアクセスします。

ベースラインは、システムのグループが維持する必要がある標準設定です。設定は、name:value のペアのセットです。ペアを作成するか、既存のシステム設定からコピーすることができます。

前提条件

  • これらのシステムがドリフトサービスにアップロードされる前に、Insights クライアントがシステムにインストールされ、実行されている必要がある。

手順

  1. Operations > Drift > Comparison ページに移動します。Comparison 画面が開きます。

    img drift comparison screen

  2. Add to compare をクリックします。Add to comparison 画面が開きます。

    img drift add to comparison screen

    • Systems タブで、比較するシステムを追加します。この画面には、Insights for Red Hat Enterprise Linux インベントリーにすでに存在するベースラインも一覧表示されます。
    • Baselines タブで、name:value の形式でベースラインを作成するか、既存のベースラインからコピーして貼り付けます。この画面には、Insights for Red Hat Enterprise Linux インベントリーにすでに存在するベースラインも一覧表示されます。

      img drift baselines screen

  3. Submit をクリックして、システムまたはベースラインを追加します。