4.4. ベースラインのエクスポート

すべてのシステムベースライン、または個々のベースラインファクトまたはカテゴリーを、コンマ区切り値 (CSV) または JavaScript Object Notation (JSON) ファイルにエクスポートできます。その後、それらを外部で分析できます。エクスポートするベースラインに検索フィルターを適用した場合、フィルターはダウンロードした CSV または JSON ファイルに保存されます。

4.4.1. 個別のベースライン、ファクト、およびカテゴリーのエクスポート

個々のベースラインを CSV ファイルまたは JSON ファイルにエクスポートできます。同じ手順を使用して、個々のファクトまたはカテゴリーをエクスポートすることもできます。

手順

  1. Operations > Drift > Baselines ページに移動します。Baseline 画面が開きます。
  2. リストからベースラインを選択します。
  3. ベースラインのその他のオプションメニューをクリックし、Edit を選択します。編集画面が表示されます。
  4. Export アイコン ( img drift export as csv icon ) を クリックし、Export to CSV または Export to JSON を選択します。

4.4.2. 全システムベースラインのエクスポート

すべてのシステムベースラインを、コンマ区切り (CSV) ファイルまたは JSON (JavaScript Object Notation) ファイルにエクスポートできます。

手順

  1. Operations > Drift > Baselines ページに移動します。Baseline 画面が開きます。
  2. Create baseline ボタンの横にある Export アイコン ( img drift export as csv icon ) をクリックします。
  3. Export to CSV または Export to JSON を選択します。