5.7. マルチバリューファクトの理解

複数値のファクトは、システムの問題のトラブルシューティングに役立つ、より詳細な情報を提供します。たとえば、drift は、指定のパッケージ名に対してインストールされているすべてのバージョンの一覧を保存します。これにより、複数値のファクトがパッケージで使用できるようになります。Inventory API および drift API では、複数の値を持つファクトが提供されます。

次の例は、2 つのカーネルパッケージを持つシステムを示しています。複数値ファクトのサポートにより、1 つのシステムで両方のパッケージの値を表示できます。

System with two kernel packages and multi-fact support

この拡張された詳細レベルにより、分析を実行するときに、インストールされているすべてのバージョンを正しく評価および比較できます。

以下の例は、2 つのアーキテクチャー用にコンパイルされたパッケージを含むシステムを示しています。i686 と x86_64 の両方のアーキテクチャー用の glibc パッケージがあります。

System containing a package compiled for two architectures

関連情報