2.2. Insights クライアント CLI と設定ファイルの対話方法

Insights クライアントは、スケジューラーの設定に従って自動的に実行されます。デフォルトでは、24 時間ごとに実行されます。クライアントをインタラクティブに実行するには、insights-client コマンドを入力します。

クライアントが実行すると、次の値と設定によってその動作が制御されます。

  1. CLI から insights-client を実行するときに指定する値は、事前設定された構成ファイルの設定とシステム環境の設定を一時的にオーバーライドします。insights-client コマンドのオプションに指定した値は、Insights クライアントのそのインスタンスに対してのみ使用されます。
  2. 構成ファイル (/etc/insights-client/insights-client.conf および /etc/insights-client/remove.conf) の設定は、システム環境設定を上書きします。
  3. CLI またはクライアント設定ファイルの影響を受けないシステム環境変数 (printenv) の値。
注記

RHEL 6.9 以前を使用している場合は、クライアントのコマンドは redhat-access-insights です。