付録B リダクション設定ファイルのオプション

設定ファイル /etc/insights-client/remove.conf は、Insights for Red Hat Enterprise Linux クライアントがデータを編集する方法を制御します。

注記

RHEL 6.10、7.9、8.3 以降では、remove.conf の使用が非推奨となり、YAML ファイル 2 つに置き換えられます。

Insights クライアントは、remove.conf の情報に基づいてアーカイブファイルでリダクションを実行します。リダクションアクティビティーの多くは、アーカイブファイルが生成され、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux サービスに送信する前に行われます。

B.1. Insights クライアントのリダクションファイルのオプション

ファイル名および場所

リダクション設定ファイルの推奨名は、/etc/insights-client/remove.conf です。このファイルの作成には、root 権限が必要です。このファイルは、Insights クライアントのデプロイメントの一部として自動作成されません。

注記

/etc/insights-client/insights-client.conf 設定ファイルは、リダクション設定ファイルの名前と場所を指定します。

remove.conf のファイルテンプレート

以下は、remove.conf ファイルのテンプレート例です。

[remove]
files=/etc/cluster/cluster.conf,/etc/hosts
commands=/bin/dmesg,/bin/hostname
patterns=password,username
keywords=super$ecret,ultra$ecret+
  • 各入力値は、スペースなし、コンマ 1 つで、区切ります。
  • リダクションしないデータの行は追加しないでください。
  • 正規表現とワイルドカードの一致 (egrep) はサポート対象外です。
  • すべてのエントリーは、大文字と小文字が区別されます。

表B.1 remove.conf 設定オプション

オプション詳細

[remove]

これは、remove.conf ファイルの最初の行に配置する必要があります。

files=

記載のファイルは、データ収集から除外されます。

commands=

ここに記載のコマンドの出力は、データ収集から除外されます。コマンド名は、コレクションルール のコマンド名と完全一致する必要があります。

patterns=

パターン に完全一致または部分一致するアーカイブファイルの行はすべて削除されます。

keywords=

キーワードは、keyword の実際の値と数字に置き換えられます。

たとえば、keywords=host,domain のようにキーワードを 2 つ定義した場合は、host が出現すると文字列 keyword0 に、domain が出現すると keyword1 に置き換えられます。それ以外に定義したキーワードはそれぞれ、 keywordn (n の数字は 1 つずつ漸増) に置き換えられます。