7.3. システムタグ付けのカスタム

システムにカスタムのグループ化とタグ付けを適用できます。これにより、コンテキストマーカーを個々のシステムに追加したり、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションでこれらのタグでフィルター処理したり、関連するシステムに簡単に注目したりできます。この機能は、何百または何千ものシステムが管理されている環境で、Red Hat Enterprise Linux の Insights を大規模にデプロイメントする場合に特に価値があります。

複数の Insights for Red Hat Enterprise Linux サービスにカスタムタグを追加する機能に加えて、定義済みタグを追加できます。advisor サービスは、これらのタグを使用して、より高いレベルのセキュリティーを必要とするシステムなど、より注意が必要なシステムに的を絞った推奨事項を作成できます。

7.3.1. フィルター構造

フィルターは、namespace=value または key=value のペア構造を使用します。

  • 名前空間。名前空間は、取り込みポイントの名前である Insights-client です。この値は変更できませんこの tags.yaml ファイルは名前空間から抽象化され、アップロード前にクライアントによってインジェクトされます。
  • キー。キーを作成するか、システムから事前定義されたキーを使用できます。大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用できます。
  • 値。独自の説明的な文字列値を定義できます。大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用できます。

7.3.2. カスタムグループおよび tags.yaml ファイルの作成

タグを作成して /etc/insights-client/tags.yaml に追加するには、insights-client--group=<name-you-choose> オプションとともに使用します。このコマンドオプションは、次のアクションを実行します。

  • etc/insights-client/tags.yaml ファイルを作成します。
  • group= キーおよび <name-you-choose> の値を tags.yaml に追加します。
  • システムから Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションに新規アーカイブをアップロードすることで、最新の結果とともに新しいタグがすぐに表示されます。

前提条件

  • システムへのルートレベルのアクセスがある。

手順

  1. 次のコマンドを root として実行し、<name-you-choose> の代わりにカスタムグループ名を追加します。

    [root@server ~]# insights-client --group=<name-you-choose>
  2. オプション:タグを追加するには、/etc/insights-client/tags.yaml ファイルを編集します。
  3. Inventory > Systems に移動し、必要に応じてログインします。
  4. Filter by tags ドロップダウンメニューをクリックします。検索ボックスを使用してタグ名のすべてまたは一部を入力すると、タグ内にそのテキストが含まれるシステムが自動的に表示されます。
  5. リストを下にスクロールしてタグを見つけます。
  6. タグをクリックしてフィルター処理を行います。
  7. システムが、アドバイザーシステムリストの結果に含まれていることを確認します。

    1. Inventory > Systems に移動し、必要に応じてログインします。
    2. Name フィルターをアクティブにし、システムが表示されるまでシステム名を入力してから選択します。
    3. タグの記号は濃い色で、その横の数字は実際に適用されたタグの数を示します。

7.3.3. タグの追加または変更を行うための tags.yaml の編集

group タグを作成したら、tags.yaml の内容を編集して、タグを追加または変更できます。

以下の手順では、/etc/insights-client/tags.yaml ファイルを編集し、Red Hat Insights > RHEL > Inventory にタグが存在することを確認する方法を説明します。

前提条件

  • システムへのルートレベルのアクセスがある。

手順

  1. タグ設定ファイル tags.yaml をエディターで開きます。

    [root@server ~]# vim /etc/insights-client/tags.yaml
  2. ファイルの内容を編集するか、key=value ペアを追加します。必要に応じて、追加の key=value ペアを追加します。大文字、文字、数字、記号、および空白文字の組み合わせを使用します。以下の例は、システムに複数のタグを追加するときに tags.yaml を整理する方法を示しています。

    # tags
    ---
    group: _group-name-value_
    location: _location-name-value_
    description:
    - RHEL8
    - SAP
    key 4: value
  3. 変更を保存してエディターを閉じます。
  4. Insights for Red Hat Enterprise Linux へのアップロードを生成します。

    [root@server ~]# insights-client
  5. Inventory > Systems に移動し、必要に応じてログインします。
  6. Filter Results ボックスで、下矢印をクリックし、フィルターの 1 つを選択するか、フィルターの名前を入力して選択します。

    注記

    タグキーまたはその値で検索できます。

  7. 結果でシステムを検索します。
  8. フィルターアイコンが禁止され、システムに適用されるフィルターの数を示す数字が表示されることを確認します。