2.5. Insights クライアント/リアルタイムスケジューリングの問題を解決する方法

Insights クライアントは、システム上のデータを収集する多数のコマンドを実行します。そのため、CPU 使用率を30%以下に制限する設定制限があります。この制限は、設定ファイルで定義します。

insights-client-boot.service: CPUQuota=30%

この設定により、Insights クライアントがシステムで CPU が急増しないようにします。CPU が急増すると、システムで実行している他のアプリケーションに干渉する可能性があります。具体的には、リアルタイムスケジューリングに依存するアプリケーションが起動しない場合があります。

リアルタイムスケジューリングを有効にする必要がある場合は、CPU クォータの制限を無効にできます。この設定を削除するリスクは最小限です。ただし、Insights クライアントの実行時に CPU 使用率が異常に高くなる可能性があります。この状況が発生し、システムの他のサービスに悪影響を与える場合は、Red Hat サポートにお問い合わせください。

How do I open and manage a support case on the Customer Portal?