8.2. Insights クライアントスケジュールの有効化

クライアントスケジュールを最初に有効にすると、デフォルトの設定を使用して実行します。スケジュールを変更すると、それらの設定が優先されます。

コマンドラインから insights-client を実行すると、Insights クライアントは、そのセッションに対してのみ指定した設定を使用して実行します。次にスケジュールされた実行が行われるときは、デフォルト設定が使用されます。

8.2.1. RHEL 7.4 以前および Client 1.x での Insights クライアントスケジュールの有効化

クライアントスケジュールを有効にして、デフォルト設定で実行できます。デフォルトのスケジュール設定を変更すると、変更された設定が優先されます。

前提条件

  • システムへのルートレベルのアクセスがある。
  • クライアントスケジュールが無効になっている。
  • (オプション) デフォルトのスケジュールを変更している。

手順

  1. クライアントのバージョンを確認するには、insights-client コマンドに --version オプションを指定して入力します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 1.0.2-0
    Core: 1.0.76-1
  2. エディターで /etc/insights-client/insights-client.conf ファイルを開きます。以下の行をファイルに追加します。設定ファイルにすでに no_schedule の値がある場合は、それを False に変更します。

    no_schedule=False
  3. --register オプションを指定して insights-client コマンドを入力し、クライアントを有効にします。

    [root@insights]# insights-client --register

8.2.2. RHEL 7.5 以降および Client 1.x での Insights クライアントスケジュールの有効化

クライアントスケジュールを有効にして、デフォルト設定で実行できます。デフォルトのスケジュール設定を変更すると、変更された設定が優先されます。

注記

Client 1.x はサポート対象外になりました。

前提条件

  • システムへのルートレベルのアクセスがある。
  • クライアントスケジュールが無効になっている。
  • (オプション) デフォルトのスケジュールを変更している。

手順

  1. クライアントのバージョンを確認するには、insights-client コマンドに --version オプションを指定して入力します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 1.0.2-0
    Core: 1.0.76-1
  2. --register オプションを指定して insights-client コマンドを入力し、クライアントスケジュールを有効にします。

    [root@insights]# insights-client --register

8.2.3. RHEL 7 以降および Client 3.x での Insights クライアントスケジュールの有効化

クライアントスケジュールを有効にして、デフォルト設定で実行できます。デフォルトのスケジュール設定を変更すると、変更された設定が優先されます。

前提条件

  • システムへのルートレベルのアクセスがある。
  • クライアントスケジュールが無効になっている。
  • (オプション) デフォルトのスケジュールを変更している。

手順

  1. クライアントのバージョンを確認するには、insights-client コマンドに --version オプションを指定して入力します。

    [root@insights]# insights-client --version
    Client: 3.0.6-0
    Core: 3.0.121-1
  2. --enable-schedule オプションを指定して Insights -client コマンドを入力し、クライアントスケジュールを有効にします。

    [root@insights]# insights-client --enable-schedule