付録D insights-client のコマンドオプション

/etc/insights-client/insights-client.conf 設定ファイルの設定を使用して、システムでの Insights クライアントの動作を変更できます。

D.1. Insights クライアント設定ファイルのオプション

設定ファイルと CLI に同様のオプションがある場合は、insights-client コマンドを入力すると CLI オプションが実行されます。スケジューラーがクライアントを実行すると、設定ファイルのオプションが実行します。

注記

選択肢は、示されているとおりに正確に入力する必要があります。TrueFalse は、最初の文字を大文字にします。

設定ファイルでオプションを有効にするには、行頭の # を削除し、オプションの値を指定します。変更は、次回のスケジュール実行時または insights-client コマンドの実行時に適用されます。

表D.1 insights-client.conf 設定オプション

オプション詳細

[insights-client]

クライアント設定ファイルに別の場所または名前を指定した場合でも、設定ファイルの最初の行が必要です。

#loglevel=DEBUG

ログレベルを変更します。オプション: DEBUG、INFO、WARNING、ERROR、CRITICALデフォルトは DEBUG です。デフォルトのログファイルの場所は /var/log/insights-client/insights-client.log です。

#auto_config=True

Satellite Server で自動設定を試みます。値は True (デフォルト) または False です。

注記

auto_config=True (デフォルト) の場合には、使用する認証方法は CERT です。

#authmethod=CERT

認証方法を設定します。有効なオプションは CERT です。デフォルト値は CERT です。

#username=

認証方法が BASIC の場合に使用する ユーザー名ユーザー名 はクリアテキストで保存されます。

#password=

認証方法が BASIC の場合に使用するパスワードパスワード はクリアテキストで保存されます。

#base_url=cert-api.access.redhat.com:443/r/insights

API のベース URL。

#proxy=

プロキシーの URL。例: http://user:pass@192.168.100.50:8080

#auto_update=True

動的設定を自動更新します。デフォルトは True です。自動的に更新しない場合は、False に変更します。

#obfuscate=False

IPv4 アドレスを難読化します。デフォルトは False です。アドレスの難読化を有効にするには、True に変更します。

#obfuscate_hostname=False

ホスト名を難読化します。ホスト名を難読化するには obfuscate=True と設定する必要があり、この設定で IPv4 アドレスの難読化が可能になります。ホスト名のみを難読化することはできません。

#display_name=

登録の表示名。デフォルトは /etc/hostname を使用します。注記: この値は、insights-client --display-name コマンドと対話します。CLI を使用して表示名を変更したにも関わらず、設定ファイルで別の表示名が有効な場合は、スケジューラーが Insights クライアントを実行すると、表示名が設定ファイルの値に戻ります。

#cmd_timeout=120

コレクション中に実行するコマンドのタイムアウト (秒単位)。タイムアウト値に達すると、コマンドプロセスは終了します。

#http_timeout=120

HTTP 呼び出しのタイムアウト (秒単位)

#remove_file=/etc/insights-client/remove.conf

リダクションファイルの場所

Insights client may prevent processes from initializing real-time scheduling.