付録A insights-client のコマンドオプション

root 権限を持つシステム管理者は、insights-client コマンドとそのオプションを使用して、システムでの Insights クライアントの操作を制御できます。insights-client.rpm は Insights for Red Hat Enterprise Linux の個々のコンポーネントよりも更新頻度が低いため、man ページには insights-client コマンド操作に関する最新情報が含まれていない可能性があります。

insights-client コマンドを入力するたびに、クライアントはデータを収集し、それを Insights for Red Hat Enterprise Linux に送信します。

注記

insights-client --display-name コマンドを使用して表示名を設定すると表示名はすぐに有効になりますが、Insights クライアントは実行されません。

A.1. Insights クライアントのオプション

表A.1 insights-client ユーザーコマンドオプション

オプション詳細

--help

-h

ヘルプ情報を表示します

--register

/etc/hostname の情報を使用して、ホストを Insights for Red Hat Enterprise Linux に登録します。--disable-schedule が設定されていない限り、cron ジョブを毎晩、自動的に有効にします。

--unregister

Insights for Red Hat Enterprise Linux からホストを登録解除します。

--display-name=DISPLAY_NAME

GUI でホスト表示名を設定または変更します。/etc/hostname のホスト名とは別のものを指定するには、--register を使用して、ホストの登録時に display_name を設定します。

--group=GROUP

登録時にホストを GROUP に追加します。グループ名は /etc/insights-client/tags.yaml で定義されます。

--retry=RETRIES

アップロードを再試行する回数を設定します。デフォルトは 1 です。再試行の間隔は 180 秒で、Insights クライアントがアップロードを再試行するまで待機する時間です。

注記: スケジューラーでは、再試行回数は 3 回です。

--validate

/etc/insights-client/remove.conf ファイルの構造を検証します。

--quiet

エラーメッセージのみをコンソールに記録します。

--silent

コンソールに何もログを記録しません。

--enable-schedule

ジョブスケジュールを有効にします。デフォルトでは、Insights クライアントは毎日午前 0 時ごろに実行します。

注記: クライアント 1.x を使用している場合は、--register オプションを使用してスケジュールを有効にします。

--disable-schedule

毎晩のジョブスケジュールを無効にします。

--conf=CONF

-c=CONF

デフォルトの /etc/insights-client/insights-client.conf ファイルの代わりに、カスタム設定ファイル CONF を使用します。

--compressor

アーカイブの作成時に使用する圧縮を選択します。利用可能なオプションは gz、bz2、xz、none です。デフォルトは gz です。none オプションは、圧縮なしで tar ファイルを作成します。

--no-upload

クライアントを実行しますが、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux または CMSfR Web アプリケーションにアーカイブをアップロードしません。アーカイブは /var/tmp/ ディレクトリーに保存されます。ファイル名は、insights-client の処理が完了すると表示されます。

--offline

ネットワーク機能を使用せずにクライアントを実行します。--no-upload を意味します。

--logging-file=LOGFILE

指定の LOGFILE にログデータを出力します。デフォルトのログファイルは /var/log/insights-client/insights-client.log です。

--diagnosis

API から診断情報を取得します。システムは、--diagnosis を使用する前に、登録してアップロードする必要があります。

--compliance

OpenSCAP でシステムをスキャンし、レポートをアップロードします。

--payload=PAYLOAD

特定のアーカイブの PAYLOAD ファイルを Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux にアップロードします。--content-type が必要です。

--content-type=TYPE

PAYLOAD ファイルの content-type を設定します。タイプには gz、bz2、xz、および none を指定できます。TYPE は PAYLOAD で使用される --compressor と一致する必要があります。

--check-results

Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux から分析結果を取得します。

--show-results

--check-results が取得した分析結果を表示します。

--output-dir=DIR

コレクションは、アップロードせずに、指定したディレクトリーに書き込みます。

--output-file=FILE

コレクションを、アップロードせずに、指定したアーカイブに書き込みます。

insights-client コマンドには、操作のデバッグに便利な複数のオプションがあります。

表A.2 insights-client デバッグオプション

オプション詳細

--version

insights-client クライアントおよびコアのバージョンを出力します。

--test-connection

Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux サービスへの接続をチェックします。

--force-reregister

このオプションは非推奨です。システムを再登録するには、Red Hat Insights へのシステムの再登録 を参照してください。

--verbose

すべてのデバッグ出力をコンソールに記録します。

--no-upload

クライアントは実行しますが、アーカイブはアップロードされません。アーカイブは /var/tmp/ ディレクトリーに保存されます。ファイル名は、insights-client の処理が完了すると表示されます。

--keep-archive

アップロード後もアーカイブを保持します。

--support

サポート用の診断ログを生成します。

--status

ホスト登録のステータスを表示します。

--net-debug

コンソールにネットワーク呼び出しのログを記録します。