第6章 パスウェイを使用した複数の advisor サービスの推奨事項の解決

パスウェイは、共通の解決策を共有するアドバイザーサービスの推奨事項のグループです。パスウェイの修復手順に従うことで、1 回の設定変更で複数の推奨事項を表示して対処できます。これにより、すべての推奨事項内のすべてのアクションを調査しなくても、修復が影響するすべてのシステムを確認できます。パスウェイは、システムをより効率的に維持するために従うべき明確な道筋を示しています。

パスウェイに表示される特定の推奨事項は、特定の時点でインフラストラクチャーに影響を与える問題によって異なります。Insights for Red Hat Enterprise Linux は、環境内で最も重要な推奨事項に基づいて修復レベルを動的に計算します。計算には次の要素が含まれます。

  • 個々の推奨事項によって影響を受けるシステムの数
  • 個々の推奨事項の総リスク
  • インシデントが検出されたかどうか

パスウェイにグループ化された問題は、パッケージの更新、設定の更新、製品のアップグレードなど、同じ解決タイプを共有する必要があります。さらに、問題は共通の解決目標を共有する必要があります。各システムは、同じパッケージの更新または設定ファイルの変更を必要とする必要があります。

Insights for Red Hat Enterprise Linux では、コア修復後に各パスに名前が付けられるため、設定の変更をすぐに確認して理解できます。

関連情報

6.1. Advisor パスウェイの表示と評価

前提条件

手順

  1. Operations > Advisor > Recommendations に移動します。ページの上部に推奨経路パネルが表示され、システムの最も重要な経路が最大 3 つ含まれています。

    img pathways overview

  2. 経路の詳細を表示するには、View Pathway をクリックするか、推奨事項のリストで Pathways をクリックし、リストから経路をクリックします。パスウェイの情報が表示されます。

    img pathways view pathway2

  3. 問題が影響するシステム (およびパスウェイが修正するシステムのリストに含まれるシステム) を表示するには、システム をクリックします。

    img pathways affected systems