第2章 advisor サービスの推奨事項の概要

advisor サービスは、RHEL システムの可用性、安定性、パフォーマンス、またはセキュリティーに悪影響を与える可能性がある、既知の設定問題に関する情報を処理します。この情報バンドルは、システムの問題を修正したり、修正する方法に関する推奨事項を作成するために使用されます。(推奨事項は、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux では、ルールと呼ばれていました。) 推奨事項はアドバイザーサービスデータベースに公開され、アドバイザーの推奨事項ページからアクセスできます。

推奨事項ページに移動すると、さまざまな並べ替えとフィルターの方法を使用して、次のような情報にアクセスできます。

  • 修正済み。アドバイザーサービスデータベースに対してレコメンデーションが最後に変更 (または公開) された日付または時間枠を示しています。
  • カテゴリー。問題の種類または問題の影響 — 問題が RHEL システムの可用性、安定性、パフォーマンス、またはセキュリティーに悪影響を与える可能性があるかどうかを示しています。
  • 影響。推奨事項に関連するインシデントが発生した場合のシステム運用への影響 (、または 重大) を示しています。
  • インシデント。この問題はインシデントとして分類されており、すでにシステムに影響を及ぼしている問題を示しています。
  • 可能性。問題がインフラストラクチャーに悪影響を与える可能性 (、または 重大) を示しています。
  • 名前。RHEL システムへの影響など、問題の簡単な説明を示しています。
  • システムの再起動の必要性。修復手順の一環として、システムの再起動が必要かどうか (Required または Not Required) を示しています。
  • 修復計画。修正または修復に手動の手順が必要かどうか、自動化された Playbook があるかどうかを示します。
  • 変更のリスク。修復が実行された場合のシステムの変更のリスク (非常に低い低い中程度、または 重要) を示しています。
  • Status: 推奨事項のステータスについて説明します。(すべて有効無効、または Red Hat 無効)。

    • すべて。すべてのステータスオプションの結果を表示します。
    • 有効 および 無効。可視または不可視のビジネスに不可欠な推奨事項を表示します。無効化された推奨事項は、組織内の誰かが推奨事項の表示をオフにしたことを示しています。
    • Red Hat が無効 になっています。Red Hat Enterprise Linux のメジャーバージョンのアップグレードなど、特定のアクションを実行するときに Red Hat が提供する推奨事項を示しています。
  • システム または 影響を受けるシステム。推奨が検出されたシステムの数 (1 以上 または なし) を示しています。1 つ以上 のシステムには、推奨事項がある 1 つ以上のシステムが表示されます。なし 推奨事項がないシステムを表示します。
  • 全体のリスク。問題がインフラストラクチャーに悪影響を与える可能性と、それが発生した場合のシステム運用への影響によって決定される、総リスクレベル (LowModerateImportant、または Critical) について説明します。

デフォルトのアドバイザーサービス推奨ビューには、より小さな情報のサブセットが表示されます。情報はフィルタリングされ、1 つ以上のシステムの推奨事項が表示されます。これらの推奨事項のステータスは Enabled です。フィルターの使用に関する詳細は、advisor-service 推奨事項のフィルタリング を参照してください。

2.1. システムおよび推奨事項のペア

システムに推奨事項が存在すると、advisor サービスはシステムへの影響を特定し、さらに 特定の軽減策または解決手順を提供します。この情報は、推奨事項を表示し、影響を受けるシステムを選択すると表示されます。

影響を受けるシステムを選択したら、システムで利用可能なすべての推奨事項と、以下の情報を表示します。

  • 検出された問題。そのシステムの障害に関する特定の情報
  • 解決手順。そのシステム上の問題を解決する手順
  • 関連するナレッジベース記事。一般的な問題に関するナレッジベースの記事またはソリューション
  • 参照情報。問題と、問題の解決策に関するその他のサポート記事
  • Ansible。Playbook 修復の可用性