5.2. SAP ワークロード

2025 年に Linux は SAP ERP ワークロードの必須オペレーティングシステムになるため、Red Hat Enterprise Linux および Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux では、Insights for RHEL が SAP 管理者に選ばれる管理ツールとなるように取り組んでいます。

この継続的な取り組みの一環として、Insights for Red Hat Enterprise Linux は、管理者によるカスタマイズを必要とせずに、SAP ワークロードを実行しているシステムに SAP ID (SID) によって自動的にタグを付けます。ユーザーは、グローバル Filter by tags ドロップダウンメニューを使用して、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーション全体でこれらのワークロードを簡単にフィルター処理できます。