第3章 advisor サービスの推奨事項の調整

アドバイザサービスは、特に Red Hat Enterprise Linux 用の Red Hat Insights が大規模な Red Hat Enterprise Linux インフラストラクチャーにデプロイされている場合に、多くの情報をすぐに利用できるようにします。最も重要な問題やシステムに集中できるように、アドバイザーの推奨事項を絞り込む方法はいくつかあります。本セクションでは、特定の推奨事項をフィルタリング、ソート、および除外するための複数のオプションを説明します。

img adv recommendations filters updated

3.1. すべての advisor サービスの推奨事項の表示

アドバイザサービスの推奨ビューに初めて入ると、デフォルトビューと、影響を受けるシステム (1 つ以上のシステムに設定) および ステータス (有効に設定) フィルターの結果が表示されます。システムに影響を与えないものや advisor データベース内のものを含む、すべての 推奨事項の包括的なビューを取得するには、次の手順を使用します。

前提条件

Red Hat Hybrid Cloud コンソール にログインしている必要がある。

手順

  1. Operations > Advisor > Recommendations ページに移動します。
  2. img insights close Systems Impacted フィルターと Status フィルターの横にある閉じるアイコンをクリックします。これで、システムの潜在的な推奨事項をすべて参照できます。
  3. 必要に応じて、Reset filters をクリックして、1 or more of Systems impactedEnabled に設定された Status を表示するデフォルトの推奨ビューに戻ります。