2.2. User Access に関する考慮事項

アカウントのどのユーザーも、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどのデータにアクセスできます。

事前定義済みグループおよびロールの概要

アクセスには、以下の事前定義済みのグループおよびロールが関連します。

  • デフォルトのアクセスグループ: アカウント上のすべてのユーザーが、デフォルトアクセスグループのメンバーです。デフォルトのアクセスグループのメンバーには読み取り専用アクセス権があります。これにより、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどの情報を表示できます。

2.2.1. マルウェア検出サービスの User Access ロール

Red Hat Hybrid Cloud Console の次の事前定義済みロールを使用すると、Insights for Red Hat Enterprise Linux のマルウェア検出機能にアクセスできます。

重要

マルウェア検出サービスユーザーには "default-group" ロールがありません。マルウェア検出サービスのデータの表示や設定の制御を実行できるようにするには、次のいずれかのロールを持つ User Access グループのメンバーである必要があります。

  • Malware detection viewer
  • Malware detection administrator