1.2. User Access に関する考慮事項

アカウントのどのユーザーも、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどのデータにアクセスできます。

事前定義済みグループおよびロールの概要

アクセスには、以下の事前定義済みのグループおよびロールが関連します。

  • デフォルトのアクセスグループ: アカウント上のすべてのユーザーが、デフォルトアクセスグループのメンバーです。デフォルトのアクセスグループのメンバーには読み取り専用アクセス権があります。これにより、Insights for Red Hat Enterprise Linux のほとんどの情報を表示できます。

1.2.1. vulnerability-service ユーザーの User Access スロール

以下のロールにより、Insights for Red Hat Enterprise Linux の Vulnerability サービス機能への標準または拡張アクセスが有効になります。

  • Vulnerability ビューアー: vulnerability-service リソースを読み取ります。
  • Vulnerability 管理者: vulnerability-service リソースに対して利用可能な操作を実行します。