2.3. 既知の不正使用

Red Hat は Metasploit データを分析して、CVE を悪用するコードが公開されているか、また CVE が一般的に悪用されていないかを判断します。Vulnerability サービスは、対象基準を満たす CVE に「既知の不正使用」ラベルを適用します。

脅威評価がこのように強化されることで、極めてリスクの高い CVE を特定して先に対処できるようになります。Red Hat は、「既知の不正使用」ラベルの CVE を最優先ですべて確認し、これらの問題の修正に向けて取り組むことを推奨します。

重要

Vulnerability サービスで、悪用されていることが分かっている CVE がお使いのインフラストラクチャーのシステムに存在することが分かります。「既知の不正使用」のラベルは、RHEL システムで脆弱性の悪用が行われていることを示すわけではありません。Vulnerability サービスでは、そのような判断はされません。